研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの受精率に対する無作為に変動する50Hz電力周波数磁界への長期ばく露の影響] med./bio.

Effect of long-term exposure to a randomly varied 50 Hz power frequency magnetic field on the fertility of the mouse.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2010; 29 (1-2): 52-61

この研究は、BALB / cマウスを用いた二重ブラインド化試験を実施して、超低周波電磁界生殖能力に及ぼす影響を調べた。マウスに、受胎から2世代にわたって継続的に、0.5 – 77 μTの範囲でレベルが変動する50 Hz磁界へのばく露または擬似ばく露を与えた。生殖能力に関連する生物学的パラメータを評価した。また、血清テストステロンレベルと精巣および副腎の質量を測定した。その結果、精子運動性を除いて、すべての生物学的エンドポイントについて、擬似ばく露群とばく露群の間に有意差は見られなかった;精子運動性についての2群間の有意差は、スイムアップテストの前に実施した精子運動性の定量的分析、およびスイムアップテストの後に実施した精子運動性の定量的および定性的分析の両方で見られた;ELF-EMFは、生きている精子の数および精子の運動の質を有意に低下させたが、調査した他のパラメータには影響を与えないことが示された、と報告している。

研究目的(著者による)

マウスの受精率に対する超低周波電磁界の影響を調べること。

詳細情報

マウスを受精から2世代にわたって、0.5-77µTの範囲で変動する磁界に連続的にばく露または偽ばく露した。2世代のマウスを用いて、各世代は10組(両群)で構成された。各組に8匹の仔を産ませた。磁界内で受精し、産まれたこれらの仔の中から選択した雄の仔について、3月齢時に精子数を調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for two generations starting with the conception of the first generation

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
偏波
  • elliptical
ばく露時間 continuous for two generations starting with the conception of the first generation
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two sets of four square coils perpendicular to each other; mice kept in 33 cm x 13 cm x 15 cm Perspex cages with cork flakes as bedding; field uniformity 0.2 % in the center of the coil system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.5 µT effective value - - -
磁束密度 77 µT effective value - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群とばく露群には、精子運動性を除けば、調査した全てのエンドポイントについて有意差は見られなかった。超低周波電磁界は生きている精子の数と精子の運動の質を有意に低下させたが、これらの悪影響は、調査したその他のパラメータの結果にインパクトを与えなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文