研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウサギの眼球に対する2.45 GHzマイクロ波の急性ばく露の可逆的刺激効果:予備実験] med./bio.

Reversible irritative effect of acute 2.45GHz microwave exposure on rabbit eyes--a preliminary evaluation.

掲載誌: J Toxicol Sci 1998; 23 (3): 197-203

この研究は、無麻酔で、ウサギの眼に2.45 GHzマイクロ波を数時間ばく露した場合に、急性で有害な影響が起きるか否かを調べた。反対側の眼を対照とした。9匹の成獣の日本白色ウサギ(10-12週齢)の一方の眼に、無麻酔で拘束した状態で160 - 240分間、2.45 GHzの連続波(CW)マイクロ波(SARは26.5 W/kg)のばく露を与えた。その結果、角膜表面温度の増分は、15分間で平均3.0 ℃であった;15分以内にすべてのウサギに縮瞳が生じた;ばく露後の眼科的徴候は、1)縮瞳および瞳孔鬱血、2)角膜白濁および角膜浮腫、3)内皮細胞の剥離と眼球内浮遊、4)前房内の線維形成、5)ばく露後1週間で消失した結膜浮腫、であった;白内障形成はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine if there is a hazardous effect of low-power density microwaves at 2.45 GHz on the eye of a rabbit under lengthy exposure without anesthesia, with the contralateral eye as a control.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 160 min to 240 min
  • SAR: 26.5 mW/g unspecified (unspecified)
  • 電力: 20 W unspecified

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 160 min to 240 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
Distance between exposed object and exposure source 0.005 m
ばく露装置の詳細 Rabbit was placed in an acrylic box with its head outside.
Additional information The right eyeball was irradiated where as the left one served as control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 26.5 mW/g unspecified 計算値 unspecified -
電力 20 W unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Ophthalmologic signs observed were transient and the rabbits had recovered to normal one week after irradiation. Hazardous effects of microwave irradiation on the rabbit eye were clearly demonstrated by the lesion score.

研究の種別:

研究助成

関連論文