研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラット角膜に対する2.45 GHzの低レベル電磁界ばく露の影響] med./bio.

Effects of low level electromagnetic field exposure at 2.45 GHz on rat cornea.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2013; 89 (4): 243-249

この研究は、低レベルのマイクロ波が正常なラット角膜に及ぼす影響を調べた動物実験である。成獣の雄のWistarラット22匹(ばく露群と対照群各11匹)の角膜に対する、2.45GHzのマイクロ波放射電界強度11.96±0.89V/m、比吸収率SAR)0.25W/kg)への2時間/日、21日間のばく露の影響を調べた。その結果、ばく露群と対照群角膜の厚さの平均値に有意差はなかった;前角膜上皮の厚さには統計学的な差があった(ばく露群で28.1±4.9μm、対照群で31.7±5.5μm);角膜に占める前角膜上皮の割合は、ばく露群で17.9%、対照群で15.94%であった;前上皮領域の増加とばく露との間には関連が認められたものの、ばく露群と対照群で両部位の面積比に統計的に有意な関連は認められなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The effects of exposure of rats to a 2.45 GHz electromagnetic field on the cornea should be investigated.

詳細情報

Rats were divided into 2 groups (n=11 each): an exposure group and a control group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h/day on 21 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h/day on 21 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
Distance between exposed object and exposure source 6 cm
チャンバの詳細 plexiglass pie cage restrainer with 2 cm air holes on the top
ばく露装置の詳細 rats kept in the restrainer with the 15 cm high antenna placed centrally
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.25 W/kg - 計算値 whole body -
電界強度 11.96 V/m average over time 測定値および計算値 - ± 0.89 V/m

Reference articles

  • Avci B et al. (2012): [ラットにおける1.8 GHz無線周波電磁界誘導の酸化ストレスとニンニク抽出物の作用]
  • Esmekaya MA et al. (2010): [パルス変調900 MHz電磁界は甲状腺機能低下および甲状腺細胞のアポトーシスを誘導する:光学および電子顕微鏡検査、免疫組織化学的研究]
  • Dasdag S et al. (2008): [携帯電話ばく露はラットの精子形成のアポトーシスを誘発しない]
  • Ferreira AR et al. (2006): [高周波電磁界への急性ばく露後のラットの中枢神経系に対する酸化的ストレス効果]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In the microscopical measurement, the anterior epithelium of the cornea of exposed animals was significantly thicker compared to the control group, whereas the cornea itself did not show significant differences in thickness. The stereological investigation did not show any significant differences.
The authors conclude that exposure of rats to a 2.45 GHz electromagnetic field could cause alterations in the cornea.

研究の種別:

研究助成

関連論文