研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトの血小板に対するマイクロ波放射の影響] med./bio.

Effects of microwave irradiation on human blood platelets.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 1981; 28 (9): 661-664

この研究は、マイクロ波(2.45 GHz 、40 mW/ cm2)に導波管内で連続2時間ばく露を受けたヒト血小板の反応を調べた。影響評価項目は、血小板機能に関連するいくつかのパラメータである。マイクロ波ばく露と同様の時間—温度コースで、最終温度40 ℃まで加熱された試料を通常加熱群とし、マイクロ波ばく露群との比較に用いた。その結果、血小板溶解(乳酸デヒドロゲナーゼ放出)および膜透過性上昇(カリウム損失)については、マイクロ波ばく露群、通常加熱群のどちらにおいても有意な影響が見られなかった;血小板放出反応(14C-セロトニン放出)については、両群とも同等に放出反応が刺激されることが示された;凝集(見かけの粒子数)および血小板機能(添加されたアデノシン5'-二リン酸への応答)については、両群の間に、血小板修飾の有意な差が見られ、通常加熱群よりも、マイクロ波ばく露群の方が凝集および血小板機能障害が少なかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHZ CW microwave exposure on human blood platelets in vitro.

詳細情報

Before exposure the obtained platelets were labeled by incubation with 14C-serotonine to examine the platelets release reaction.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 test tube containing platelet suspension was inserted into a hole with a diameter of 1.2 cm, located in the center of a styrofoam block which was inserted into the waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 40 mW/cm² - 計算値 - -

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results on platelet lysis and membrane permeability revealed no significant changes. Whereas the results on serotonin release indicate an stimulating effect of irradiation on the platelet release reaction, but these findings were considered to be only thermal effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文