研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話からの1900 MHz電磁界による夜間メラトニン分泌への影響] med./bio.

Effects of the 1900 MHz electromagnetic field emitted from cellular phone on nocturnal melatonin secretion.

掲載誌: J Physiol Anthropol Appl Human Sci 2003; 22 (1): 61-63

この研究は、月経周期の卵胞期にある若い女性(n = 8: 平均年齢27歳)を被験者として、携帯電話使用と唾液メラトニンとの関係を実験的に調べた。被験者は、実験の少なくとも1週間前に、携帯電話の使用を中止し、十分に規則正しい生活を過ごす指示された。被験者は午前10時に気候室に入室した。気候室は、温度、湿度は至適に維持され、照度は、10:00 - 18:00が1000 Lx、18:00 - 01:00が50 Lx、翌朝01:00 - 07:00は完全に暗くした。馴化時間(10:00 - 19:00)の後、唾液メラトニンの採取を19:00および2:00に行った。被験者は、19:00 - 01:00の間の各1時間のうちの30分間は、左耳に直に取り付けられた携帯電話を、連続的に使用した(実験日のうちの1夜は電話機から電磁界放射があり(E-day)、他の1夜は放射がなかった(Sham-day)。被験者はどちらの日に放射があるかを知らなかった)。唾液中のメラトニン濃度は、酵素免疫測定法で測定した。その結果、2:00に採取した唾液中の平均メラトニン濃度は、Sham-dayに比べ、E-dayで有意に低かった;19:00に採取した唾液では、携帯電話使用中での値と不使用中での値に有意差はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effects of the 1900 MHz electromagentic field emitted from cellular phone on nocturnal melatonin secretion.

詳細情報

Salivary melatonin was collected at 19:00 h and 2:00 h; for 30 min every hour from 19:00 h and 1:00 h the subjects used a cellular telephone continuously.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.9 GHz
ばく露時間: intermittent for 30 min/h for 6 h

ばく露1

主たる特性
周波数 1.9 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent for 30 min/h for 6 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
ばく露装置の詳細 Subjects stayed in a climatic chamber with the receiver directly attached to the left ear.
Additional information On one day the receiver emitted an EMF, while on sham day there was no emission. The subjects did not know the exposure condition.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2.5 mW/cm² - - - -
SAR 0.68 W/kg average over mass - whole body 0.453-0.680 W/kg
磁束密度 0.6 µT unspecified - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The study showed significant reduction of salivary melatonin at 2:00 h.

研究の種別:

研究助成

関連論文