研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[メラトニン分泌の概日パターンに対する携帯電話の影響をヒトで評価する] med./bio.

Evaluation in humans of the effects of radiocellular telephones on the circadian patterns of melatonin secretion, a chronobiological rhythm marker.

掲載誌: J Pineal Res 1999; 27 (4): 237-242

この研究は、携帯電話電磁界ばく露によりヒトのメラトニンレベルに変化が生じるか否かをボランティア実験で調べた。ボランティア(n =38、男性、20〜32歳)を2群に分け、GSM900型またはDCS1800型の市販の携帯電話へのばく露を、各装置の最大出力で、2時間/日、5日間/週、4週間行った。ばく露中は、テレビで映画を見させた。血液サンプルは、夜間は毎時、昼間は3時間ごとに採取した。影響の持続性および遅発性を評価するため、血液サンプル採取セッションは、15日間のインターバルで4セッションばく露開始前、ばく露期間の中央および終了時、終了から15日後)とした。評価パラメータは、最大血清濃度、この最大値の出現時期、ホルモンプロファイル曲線下面積であった。その結果、メラトニンの概日プロファイルは、2つの一般的なタイプの携帯電話によって生成される電磁界への典型的なばく露パターンでのばく露によって変化しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study humans for the effect of microwaves emitted by phones on the circadian rhythm of melatonin secretion.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
  • 電力: 2 W peak
  • SAR: 0.3 W/kg maximum (brain) (0.1-0.3 W/kg)
ばく露2: 1.8 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
  • 電力: 1 W peak
  • SAR: 0.3 W/kg maximum (brain) (0.1-0.3 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 576 µs
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

GSM system

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 Listening sessions were always performed using the same ear. Movies were projected during the exposure period, and the sound was heard via the GSM handset.
Additional information A sham-exposure was performed on the days of the first and the last drawing sessions. On these days the RF output was switched to a 50 Ω non-emitting load, and the movie sound was heard from the TV speakers.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak 指定なし - -
SAR 0.3 W/kg maximum 計算値 brain 0.1-0.3 W/kg

ばく露2

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 576 µs
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

DCS (Digital Communication System)

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 Movies were projected during the exposure period, and the sound was heard from normal TV speakers, the phones being controlled by insertion of test cards.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 W peak 指定なし - -
SAR 0.3 W/kg maximum 計算値 brain 0.1-0.3 W/kg

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Melatonin circadian profile was not disrupted in male subjects submitted to a typical pattern of exposure to the electromagnetic fields generated by two common types of cell phones.

研究の種別:

研究助成

関連論文