研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[振幅変調RFに慢性的ばく露されたラット脳のカルシウムイオン流出とODC活性に関する影響] med./bio.

Effect of amplitude modulated RF radiation on calcium ion efflux and ODC activity in chronically exposed rat brain.

掲載誌: Indian J Biochem Biophys 1999; 36 (5): 337-340

この研究は、発達および成長中のラットに対する振幅変調無線周波電磁界(搬送周波数112 MHz変調周波数16 Hzばく露の影響の有無を調べた。Wistarラット(35日齢)に、上記の電磁界ばく露を、35日間、電力密度1.0 mW / cm2(SAR、0.75 W / kg)で与えた。結果として、脳内のオルニチン脱炭酸酵素活性およびCa2 +流出の増加が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effect of amplitude modulated radiofrequency radiation on calcium ion efflux and ODC (ornithine decarboxylase) activity in chronically exposed rat brain.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 112 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: 2 h/day for 35 days

ばく露1

主たる特性
周波数 112 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 2 h/day for 35 days
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Plexiglas cages 32 cm x 10 cm x 9 cm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information long axis parallel to the electric component.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 mW/cm² - - - -
SAR 0.75 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposed rats showed a significant increase in the activity of ODC and an enhanced calcium efflux.

研究の種別:

研究助成

関連論文