研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射の病態生理学:ラットの脳への影響] med./bio.

Pathophysiology of microwave radiation: effect on rat brain.

掲載誌: Appl Biochem Biotechnol 2012; 166 (2): 379-388

本研究では、2.45GHzのマイクロ波ばく露(45日間、1日2時間、周波数2.45GHz、電力密度0.21mW/cm2、全身平均比吸収率の推定値は0.14W/kg)がWistarラットに及ぼす影響を調べた。ばく露期間終了後、ラットを屠殺し、松果体と脳組織全体を分離し、メラトニンクレアチンキナーゼカスパーゼ3、カルシウムイオン濃度の点から評価した。その結果、ばく露群では偽ばく露群と比較して、松果体メラトニン濃度の有意な低下、また、脳組織全体のクレアチンキナーゼカスパーゼ3、カルシウムイオン濃度の有意な上昇が観察された。著者らは、これらの放射への慢性ばく露によるメラトニンの減少、あるいはカスパーゼ-3、クレアチンキナーゼカルシウムイオンの増加が脳に重大な損傷を生じるかも知れないと結論している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of 2.45 GHz microwave exposure on the brain of rats.

詳細情報

Six animals were exposed and six animals were sham exposed.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 2 h/day on 45 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 continuous for 2 h/day on 45 days
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

modulation frequency: 50 Hz

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 anechoic chamber lined on the inside with radar absorbing material; Plexiglas cage, ventilated with 1 cm diameter holes, housing 6 rats, placed in the chamber; horn antenna positioned inside the chamber above the cage; all animals facing the antenna; microwave oven connected to the horn antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 700 W - 測定値 - output power
電力密度 0.21 mW/cm² - - - -
SAR 0.14 W/kg - 推定値 whole body -

Reference articles

  • Kumar S et al. (2011): [2.45 GHzマイクロ波電磁界にばく露したWistar系雄ラットの生殖パターンに対するパルス電磁界の治療効果]
  • Kesari KK et al. (2010): [ラットの脳に対する2.45 GHz電磁界放射ばく露による突然変異原性反応]
  • Paulraj R et al. (2006): [マイクロ波放射ばく露を受けたラット脳細胞におけるDNA一本鎖切断]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A significant decrease was recorded in the level of pineal melatonin in the exposed group compared with the sham exposed group. A significant increase in creatine kinase enzyme activity, caspase 3 activity, and calcium ion concentration was found in whole brain samples of exposed animals compared with those of sham exposed animals.
The authors conclude that a decrease in melatonin or an increase in caspase-3 activity, creatine kinase activity, and calcium ion may cause a significant damage in brain due to chronic exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文