研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁界の下での大腸菌のグルコース消費と成長] med./bio.

Glucose consume and growth of E. coli under electromagnetic field.

掲載誌: Rev Inst Med Trop Sao Paulo 2003; 45 (2): 65-67

この研究は、5G電磁界大腸菌ばく露させ、対照群ばく露群における増殖およびグルコース消費の差をノンパラメトリックMann-Whitney U検定により分析した。その結果、8時間の電磁界ばく露により、対照群との間に、大腸菌グルコース消費および増殖に有意差が見られた;電磁界は、大腸菌グルコース消費および増殖の増加効果をもたらした、と報告している。

研究目的(著者による)

5G/60Hzの電磁界ばく露大腸菌Escherichia coli)の成長及びグルコース消費に及ぼす影響を調査すること。

詳細情報

大腸菌培地磁界に8時間ばく露/偽ばく露した。大腸菌の成長を評価するため、ばく露/偽ばく露の前後に光度測定を実施した。ばく露/偽ばく露後に酵素グルコースアッセイを実施した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 8 h

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 8 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Tubes containing E.coli colonies were placed in the coil
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 µT unspecified 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露された培地では、グルコース消費ならびに成長率の有意な上昇が認められた。

研究の種別:

研究助成

関連論文