研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

327研究
  1. 119研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Benson VS et al. 2013 コホート研究 女性, ≥ 50年 1996 - 2009、携帯電話使用のベースライン調査1999 - 2005、フォローアップ2009 英国 非ホジキンリンパ腫、骨髄腫、白血病, 神経膠腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経鞘腫, 乳がん, その他の頭頸部腫瘍;食道、胃、結腸、直腸、膵臓、肺のがん、黒色腫、子宮内膜、卵巣、腎臓、膀胱、眼、及び甲状腺のがん 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Hsu MH et al. 2013 - 男性, 女性 2000 - 2009 台湾 脳の悪性新生物 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Han YY et al. 2012 - - - - vestibular schwannoma 携帯電話, 移動体通信システム, 非EMF
Barchana M et al. 2012 - 男性, 女性, ≥ 18年 1980 - 2009 イスラエル 低及び高グレードの神経膠腫 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Carlberg M et al. 2012 症例対照研究, プール分析 男性, 女性, 20–80年 1997 - 2003 スウェーデン(ウプサラ/オレブロ及びリンショーピン医療地域(1997-2003)、ストックホルム及びヨーテボリ地域(1997-2000)) 神経膠腫 アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話, 個人用, 非EMF
Li CY et al. 2012 症例対照研究 小児, 0–15年 2003 - 2007 台湾 小児白血病, 脳腫瘍, 全ての小児がん及び良性新生物 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の
Little MP et al. 2012 - 男性, 女性, ≥ 18年 1997 - 2008 米国(アトランタ、デトロイト、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンノゼ‐モントレー、シアトル、ジョージア州農村部、コネティカット州、ハワイ州、アイオワ州、ニューメキシコ州、ユタ州) 神経膠腫 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Deltour I et al. 2012 - 男性, 女性, 20–79年 1979 - 2008 デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン 神経膠腫 携帯電話, 移動体通信システム, 理論的研究
Atzmon I et al. 2012 症例対照研究 男性, 女性 1989 - 2007 イスラエル(イシフィヤ村) 白血病およびリンパ腫, 脳腫瘍, 乳がん, 結腸直腸、肺、子宮、肝臓、胃、卵巣、膵臓、前立腺、子宮頸部、及び膀胱がん, 全がん 携帯電話基地局, 移動体通信システム, ラジオ/TV送信機, 無線送信機, 住宅環境の, 非EMF
Ding LX et al. 2011 - 男性, 女性 1983 - 2007 中国(上海の9つの郡レベルの地域(黄浦江、盧湾、Xuhun、長寧、Jing¿an、普陀、閘北、虹口及び楊浦)) 脳腫瘍及び神経系腫瘍 携帯電話, 移動体通信システム