研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ニュージーランドでの1995-2010年における原発性脳腫瘍の発生率の時間的推移] epidem.

Trends in incidence of primary brain cancer in New Zealand, 1995 to 2010.

掲載誌: Aust N Z J Public Health 2015; 39 (2): 148-152

この研究は、ニュージーランドのがん登録のデータを用いて、1995-2010年における原発性脳腫瘍発生率を、年齢、性、形態および解剖学的部位別に計算した。対数線形回帰分析により、原発性脳腫瘍の年間発生率の時間的推移を評価した(年間変化率の変化とその95%信頼区間を推定した)。その結果、全ての原発性脳腫瘍において(神経膠腫においても、側頭葉または頭頂葉神経膠腫においても)、一貫性のある増加は見られなかった;10-69歳において、全脳腫瘍発生率は有意に低下した;神経膠腫発生率は70歳以上で増加したが、これは診断の改善による可能性が高い;但し、この条件の研究では、10-15年以上の潜伏期がある影響については可能性が全くないとは言えない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

Time trends in the incidence rates of brain malignancies were investigated in New Zealand from 1995 to 2010.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (標準化発生率比(SIR))

ばく露

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 4,360,000

結論(著者による)

There were 4,212 eligible cases (2,433 in males, 1,779 in females) at all ages diagnosed in the 15-year period 1995-2010 in the population of New Zealand. The age-standardized incidence rates are of 6.74 per 100,000 in males and 4.49 per 100,000 in females.
No consistent increase in incidence rates of all primary brain cancer, or especially of glioma were found in New Zealand from 1995 to 2010. At ages 10-69, the incidence of all malignant brain tumors declined significantly. Incidence of glioma increased at ages over 70, this is likely to be due to improvements in diagnosis. As with any such trend studies, a small effect, or one with a latent period of more than 10 to 15 years, cannot be excluded.

研究助成

関連論文