研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

327研究
  1. 119研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Dreyer NA et al. 1999 コホート研究 男性, 女性 1994 米国(ボストン、シカゴ、ダラス及びワシントンDCの都市部) 白血病, 脳腫瘍, 全がん, 心臓血管系疾患, 死亡率, 自動車衝突 移動体通信システム, アナログ携帯電話, 個人用
Panda NK et al. 2010 横断的研究 男性, 女性, 18–45年 2005年7月 - 2006年11月 インド(チャンディーガル) 聴覚の乱れ 移動体通信システム, デジタル携帯電話, GSM, TDMA, 個人用
Chia SE et al. 2000 横断的研究 男性, 女性, 12–70年 01.01.2000 シンガポール(ビシャン) 中枢神経系の症状:頭痛、目まい、集中困難、記憶喪失、異常な眠気や疲労感、耳の後ろや身のまわりでの温感、耳や顔の灼熱感、顔のチクチク感、視覚障害 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Arns M et al. 2007 予備的研究 男性, 女性 示されず 米国(ニューヨーク及びロードアイランドの研究所)、オランダ(ナイメーヘン)、英国(ロンドン)、オーストラリア(アデレード及びシドニー) 脳機能、神経心理学的パフォーマンス、性格 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Divan HA et al. 2008 コホート研究 小児, 子宮内の胎児, 7年 01.11.2006 デンマーク 行動学的問題:実施、多動、感情的、社会的障害 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Abramson MJ et al. 2009 横断的研究 小児, 11–14年 2005 - 2006 オーストラリア(メルボルン) 認知機能(信号検出、作業記憶、単純学習、連想学習、動作モニタリング/推定、Stroop検査) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Thomas S et al. 2010 コホート研究 小児, 12–15年 2006 - 2007 オーストラリア(メルボルン) 認知機能(信号検出、作業記憶、学習、Stroop検査) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Ng TP et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, ≥ 55年 2004 - 2005、フォローアップ2008 - 2009 シンガポール 認知機能 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Thomas S et al. 2010 横断的研究 小児, 8–17年 2006 - 2008 ドイツ(バイエルン州の4都市) 全体的な行動学的問題(感情的な問題、行動の問題、多動性、仲間内の関係の問題) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, RF電磁界, DECT, W-LAN/WiFi, 個人用
Breckenkamp J et al. 2010 横断的研究 男性, 女性, 15–71年 2006年3‐4月 ドイツ(ベルリン、ルール地域の西部、ハンブルク、ケルン/ボン、ミュンヘン、ドレスデン、ハノーファー、シュツットガルト) 頭痛、健康不良、精神的及び身体的健康, 睡眠障害, リスク認知(懸念なし、懸念あり、自身の健康への悪影響を基地局のせいにする) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, TETRA/TETRAPOL, DECT, W-LAN/WiFi, TV 放送 (VHF/UHF), FM 放送(UKW), 住宅環境の