研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Schüz J et al. 2007 コホート研究 男性, 女性, ≥ 18年 1982年1月 - 1995年12月、2003年を通じてフォローアップ デンマーク アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、てんかん, 偏頭痛、空間識失調 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, 個人用
Arns M et al. 2007 予備的研究 男性, 女性 示されず 米国(ニューヨーク及びロードアイランドの研究所)、オランダ(ナイメーヘン)、英国(ロンドン)、オーストラリア(アデレード及びシドニー) 脳機能、神経心理学的パフォーマンス、性格 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Hallberg Ö 2007 - 男性, 女性 1981 - 2002 スウェーデン 外的要因(事故、自動車事故、殺人、等)及びアルツハイマー病による, 健康の指標、例:病気の日数、長期的な病気、リハビリ日数、健康コストの増加 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, 住宅環境の
Bergamaschi A et al. 2004 横断的研究 男性, 女性, 21–35年 not stated Italy thyroid function 携帯電話, 移動体通信システム, 職業的, 個人用
Hallberg O et al. 2004 - 男性, 女性 1981 - 2002 スウェーデン、ノルウェー、デンマーク 循環系及び神経系疾患、前立腺がんによる死亡, 健康の指標、例:病気の日数、長期的な病気、リハビリ日数、健康コストの増加 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, 個人用
Oftedal G et al. 2000 横断的研究 男性, 女性 1996 スウェーデン、ノルウェー subjective symptoms: dizziness, feelings of discomfort, difficulties concentrating, memory loss, unusual fatigue, headaches, sensations of warmth behind/ around/ on the ear, burning sensations in the facial skin, tingling/tightness sensations in the facial skin and other symptoms, details of symptom experience (e.g. duration of symptoms, medical consultation and sick leave), conditions under which the symptoms are experienced (e.g. long duration mobile phone calls), measures to reduce the symptoms 移動体通信システム, GSM, NMT, PC/TVモニタ, 職業的, 個人用
Chia SE et al. 2000 横断的研究 男性, 女性, 12–70年 01.01.2000 シンガポール(ビシャン) 中枢神経系の症状:頭痛、目まい、集中困難、記憶喪失、異常な眠気や疲労感、耳の後ろや身のまわりでの温感、耳や顔の灼熱感、顔のチクチク感、視覚障害 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Dreyer NA et al. 1999 コホート研究 男性, 女性 1994 米国(ボストン、シカゴ、ダラス及びワシントンDCの都市部) 白血病, 脳腫瘍, 全がん, 心臓血管系疾患, 死亡率, 自動車衝突 移動体通信システム, アナログ携帯電話, 個人用
Rothman KJ et al. 1996 コホート研究 男性, 女性 1994 米国(ボストン、シカゴ、ダラス及びワシントンDCの都市部) 死亡率 移動体通信システム, アナログ携帯電話, 個人用