研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Schüz J et al. 2007 コホート研究 男性, 女性, ≥ 18年 1982年1月 - 1995年12月、2003年を通じてフォローアップ デンマーク アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、てんかん, 偏頭痛、空間識失調 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, 個人用
Bortkiewicz A et al. 2012 横断的研究 男性, 女性, ≥ 18年 示されず ポーランド(ウッチ) 頭痛、記憶障害、皮膚の変化、抑うつ、けん怠感、神経過敏、循環器系症状、空間識失調、精神的不快感、視覚障害、聴覚障害、食欲減退、吐き気, 睡眠障害, 健康状態 移動体通信システム, 携帯電話基地局, 住宅環境の
Poulsen AH et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, ≥ 18年 1987 - 2004 デンマーク 多発性硬化症 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Singh K et al. 2016 横断的研究, 予備的研究 男性, 女性, ≥ 18年 2013 India hypertension, headache, dizziness, 睡眠障害, salivary function (unstimulated and stimulated salivary flow rates, level of hydration, saliva consistency and pH) 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の
Ng TP et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, ≥ 55年 2004 - 2005、フォローアップ2008 - 2009 シンガポール 認知機能 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Baste V et al. 2015 コホート研究 男性, 女性, 子宮内の胎児, newborns 1999 - 2009 Norway congenital malformation, perinatal mortality, low birth weight, preterm birth, small for gestational age, abruptio placentae, sex ratio, preeclampsia 携帯電話, 移動体通信システム
Hwang Y et al. 2016 横断的研究 男性, 女性, 小児, 14–18年 2013 Korea eye symptoms: vision blurring, redness, visual disturbance, secretion, inflammation, lacrimation and dryness 携帯電話, 移動体通信システム
Buchner K et al. 2011 - 男性, 女性, 小児, 2–68年 2004年1月 - 2005年7月 ドイツ(リムバッハ) アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、フェニルエチルアミンの尿中レベル 移動体通信システム, 携帯電話基地局, GSM, 住宅環境の
Wang J et al. 2017 メタ分析 男性, 女性, 小児, 7–70年 - - headache 携帯電話, 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, NMT, GSM