研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界による遊離及び固定化ペルオキシダーゼの触媒活性の変調:周波数への依存性] med./bio.

Modulation of the catalytic activity of free and immobilized peroxidase by extremely low frequency electromagnetic fields: dependence on frequency.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2005; 26 (2): 145-152

この研究は、可溶性および不溶性の西洋ワサビペルオキシダーゼ(POD)の触媒活性に対する50〜400 Hzのさまざまな周波数の磁界(1 mT)の影響を調べた。酵素が生体内で作動する条件をシミュレートするために、不溶性PODは、ゼラチン膜捕捉またはナイロングラフト膜への共有結合により固定化した。結果として、可溶性PODの不活性化率は、磁界の周波数により正および負の相互作用を示し、130 Hzで最適な正の相互作用を示した;反対に、固定化PODでは、負の相互作用はなく、ゼラチン膜捕捉では150 Hzで、共有結合による付着では170 Hzで、最大の正の相互作用を示した;50 Hzの場合、および250 Hzを超える周波数の場合、不溶性PODにおいて影響は観察されなかった;磁界と不溶性酵素触媒活性の間の正の相互作用の最適周波数は、可溶性酵素のそれよりも高い周波数にシフトした;シフトの大きさは、固定化プロセスに関わる物理的な力の強さに依存する、と報告している。

研究目的(著者による)

酵素ホースラディッシュペルオキシダーゼ触媒活性に対する超低周波電磁界の影響を調査すること。

詳細情報

ホースラディッシュペルオキシダーゼはイン・ビボでの膜結合酵素の一つで、そのために不溶性だと見なされている。本研究では、可溶性及び人工不溶性のペルオキシダーゼ触媒活性をイン・ビトロで調査した。ゼラチン膜での捕捉、またはナイロン膜での共有結合のいずれかにより固定化した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50–400 Hz
ばく露時間: 1, 2, 3 and 4 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50–400 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 1, 2, 3 and 4 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 A Plexiglas shelf held the samples parallel to the coils and was positioned in the middle of the structure between the two coils.
Additional information Two coils were framed on a Plexiglas structure parallel to each other at distance of 10 cm. The temperature during the experiment was kept at 25°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT effective value 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

可溶性のペルオキシダーゼについては、電磁界ばく露による酵素活性の正ならびに負のパーセンテージ変化が認められた。正の最大値は130Hzで見られた。固定化の特徴に依存して、正の影響の最大値は150Hz(捕捉)及び170Hz(共有結合)でそれぞれ見られた。不溶性のペルオキシダーゼについては、負の相互作用は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文