研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[セルラーゼの酵素パラメータに対する交流磁界処理の影響] med./bio.

Effect of alternating magnetic field treatments on enzymatic parameters of cellulase.

掲載誌: J Sci Food Agric 2012; 92 (7): 1384-1388

この研究は、交流磁界酵素活性に影響を与えるか否かを、セルラーゼをモデル酵素に用いて実験的に検討した。セルラーゼは、セルロースのグリコシド結合の切断を触媒する。カルボキシメチルセルロース(CMC)を基質に用いてセルラーゼ活性を評価した。磁界ばく露にはコイルを用い、50 Hz磁界の連続的ばく露酵素/基質溶液に与えた。ばく露に用いたという18個の磁束密度レベルは明記されていないが、最大値は4.2 mTと記されている。ばく露時間も明記されていないが、最長は60分間と記されている。ばく露処理後に、ミカエリスメンテン方程式へのフィッティングに基づき、酵素パラメータK(m)およびV(m)を決定した。その結果、セルラーゼ活性の最大および最小が観察されたのはそれぞれ、2.2および4.2 mTでの20分間ばく露であった;全体として、磁界ばく露下でK(m)はV(m)と逆の傾向を示した;4.2 mTばく露の場合、酵素/基質溶液での酵素活性は阻害され、2.2 mTの場合、促進された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the enzymatic parameters of cellulase exposed to an alternating magnetic field.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for up to 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for up to 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 six sets of three cylindrical coils with a radius of 125 mm positioned on a 1500 mm x 750 mm shaker board; glass bottles with the samples placed in the center of the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 4.2 mT maximum - - -

Reference articles

  • Gao M et al. (2011): [超低周波磁界はクロコウジカビ(Aspergillus niger)の代謝に影響する]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The maximum and minimum enzyme activities of cellulase occurred at magnetic fields of 2.2 mT and 4.2 mT respectively after 20 minutes.
The authors conclude that treating the enzyme/substrate solutions with different magnetic fields could inhibit or facilitate the enzyme activity.

研究の種別:

研究助成

関連論文