研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[胎生期から自然死までばく露されたSDラットにおける超低周波磁界(ELFMF)の発がん性に関するメガ実験:プロジェクトの計画および乳がんの発がんに関する研究初期での結果] med./bio.

Mega-experiments on the carcinogenicity of Extremely Low Frequency Magnetic Fields (ELFMF) on Sprague-Dawley rats exposed from fetal life until spontaneous death: plan of the project and early results on mammary carcinogenesis.

掲載誌: Giuliani L, Soffritti M, Non-thermal effects and mechanisms of interaction between electromagnetic fields and living matter Mattioli 1885, 2010: 219-234, ISBN-13 978-88-6261-166-4, ISBN-10 8862611668

この研究は、イタリアのボローニャにあるラマツィーニ研究所(Ramazzini Institute)が2002年に開始した電力周波電磁界発がん影響に関する実験研究プロジェクトからの最初の報告である。プロジェクトでは、Sprague-Dawleyラットに出生前から自然死までの期間、さまざまな強度レベルの正弦波50 Hz磁界(S – 50 Hz MF)へのばく露を与え、発がん作用の可能性を評価した。またその影響と他の因子との関連も調べた。以下の内容で構成された。1)S-50HzMFの発がん作用を定性的-定量的に評価する実験(この目的のため、電流の強度および連続性/不連続性に関して異なるばく露条件で実験する)、2)S-50HzMFの生殖能力および胚/胎児毒性への影響を評価する実験、3)S-50Hz MFと他の電磁界ガンマ線)との同時発がん作用を評価する実験、4)S-50Hz MFと発がん性化学物質(ホルムアルデヒドやアフラトキシンB1など)との同時発がん性を評価する実験、5)総合して、分子生物学的分析により、発がんの基礎である病因性メカニズムの候補を吟味する。プロジェクト全体では、親ラット2100匹とその子孫7133匹を用いた。この論文では、胎児期から死亡までの期間にわたるS-50Hz MFばく露、および6週齢での1回のガンマ線照射(10 rad)を受けた雌ラットにおける乳腺への発がん影響についての最初の報告をしている。

研究目的(著者による)

Ramazzini Institute(イタリア)は2002年、出生前から自然死までさまざまな強度レベルの50Hz磁界ばく露したラットにおける電力周波数磁界の潜在的発がん作用、またはその他の因子との関連を評価するための実験研究プロジェクトを立ち上げた。

今回の報告では、この大規模プロジェクトのデザイン、ならびに、雌ラット乳腺に対する50Hz磁界及び低線量ガンマ線発がん作用に関する最初の結果を示す(EMF-Portalでは共発がん作用に関する実験データのみを示す)。

詳細情報

この大規模実験全体には、親ラット2100匹と仔ラット7133匹が含まれた。

今回の実験では、ラット2181匹(雄1086匹、雌1095匹)を5群でばく露した:1000µTばく露ガンマ線(6週齢;n=222)、2) 20µTばく露ガンマ線(n=212)、3) 1000µTばく露のみ(n=523)、4) ガンマ線のみ(n=223)、5) 対照群(n=1001)。ばく露胎児期(妊娠12日目)から開始し、離乳後に親ラットを屠殺した。仔のばく露は自然死まで続けた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 19 h/day from day 12 of fetal life (pregnancy) until spontaneous death of offspring

General information

rats were treated in five groups: i) 1000 µT EMF exposure + 10 rads gamma radiation at the age of 6 weeks ii) 20 µT EMF exposure + 10 rads gamma radiation at the age of 6 weeks iii) 1000 µT EMF exposure iv) 10 rads gamma radiation at the age of 6 weeks v) control group (sham exposure)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 19 h/day from day 12 of fetal life (pregnancy) until spontaneous death of offspring
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 toroidal shaped exposure device consisting of 24 coils, each made of three turns of insulated copper cable wound on an aluminum superstructure composed of two insulated parts; wooden support structure for allocation of the rat cages placed inside the exposure system; 5 rats per 41 cm x 25 cm x 15 cm polycarbonate cage with a cover of non-magnetic metal; 500 rats per exposure system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 µT - 測定値 - -
磁束密度 1,000 µT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ガンマ線への共ばく露は、ガンマ線単独照射群、1000µT磁界単独ばく露群、または対照群と比較して、乳腺塊の発生率を高め、そのような病変の開始を加速した。触診した乳腺塊は必ずしも乳腺病変と確認されたわけではなく、小さな病変は見逃されたかも知れない。

剖検データが示すように、「1000µT磁界ガンマ線」にばく露した雌に、他の群と比較して統計的に有意ではない線維線腫の発生率の上昇が認められた。加えて、「1000µT磁界ガンマ線ばく露は、乳腺がん発生率有意な上昇を生じた。

著者らは、これらのデータは、胎児期から生涯にわたる電力周波数50Hz磁界ばく露は、よく知られた発がん因子(ガンマ線)と共ばく露した場合、雌ラットに悪性腫瘍乳がん)の有意なリスク上昇を生じる、ということを初めて示すものである、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文