研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[電気過敏症患者における大脳皮質興奮性の変化:パイロット研究結果] med./bio.

Altered cortical excitability in subjectively electrosensitive patients: Results of a pilot study.

掲載誌: J Psychosom Res 2007; 62 (3): 283-288

この研究は、電磁過敏症における皮質調節機能障害の媒介的な役割を解明することを目的に、主観的電磁過敏性の患者群(n = 23)と2つの対照群(n = 49)(この2群は非特異的愁訴のレベルが異なる)において、経頭蓋磁気刺激法を用いて皮質興奮性パラメータを測定した。その結果:2つの対照群に比べ、電磁過敏性の患者群では、皮質内促通の低下が示された;運動閾値および皮質抑制は影響を受けなかった;この知見は、仮説中枢神経系機能の変化によって、同様の症状クラスタを共有する慢性症状疾患と仮定されている主観的電磁過敏性の患者の症状発現が説明される可能性がある」を支持する追加の証拠を提供した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To elucidate a potential role of dysfunctional cortical regulations in mediating electromagnetic hypersensitivity in human.

詳細情報

Cortical excitability was measured in subjectively electrosensitive patients (n=23) and two control groups (n=49) differing in their level of unspecific health complaints.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:

研究の主なアウトカム(著者による)

Electrosensitive patients showed reduced intracortical facilitation as compared to both control groups, while motor thresholds and intracortical inhibition were unaffected.
These results evidence that altered central nervous system function may account for symptom manifestation in subjectively electrosensitive patients.

研究の種別:

研究助成

関連論文