研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウス胚のレンズ発達に対する電力周波数磁界ばく露の影響はない] med./bio.

Absence of effect of power-frequency magnetic fields exposure on mouse embryonic lens development.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2007; 28 (8): 628-635

この研究は、脳腫瘍リスク携帯電話の使用に関する国際共同の症例対照研究であるインターフォン研究の一環として行われたもので、携帯電話の使用に関する想起バイアスの可能性を評価した検証研究である。携帯電話ばく露評価は、過去の電話の使用についての参加者の自己申告に依存するため、想起された過去の電話使用についての症例と対照の間での差別的誤差は、症例対照研究の主要な懸念事項である。症例212、対照296の携帯電話の記録を、平均2年間、3か国の電話会社から収集し、インタビューで報告された携帯電話の使用との比較を行った。記録された電話の使用に対する報告された電話の使用の比を一致度の尺度とした。その結果、症例と対照の平均の比は事実上同じであった;症例および対照のどちらも、通話回数は0.81倍に過小評価し、通話時間の日は1.4倍に過大評価していた;対照では見られなかったが、症例では、インタビュー前の期間が長いほど比が大きくなった;ただし、これらの傾向は長期データを持つ少数の参加者に基づいたものであった;使用レベルの大きい人ほど、比は大きくなった;想起はランダム誤差が大きかった;結論として、全体的または最近の期間において、差別的な想起バイアスの証拠はほとんどなかったが、症例が遠い過去の期間について過大評価することが見られたことは、携帯電話使用に関連した疾患リスクの推定に正のバイアスを引き起こす可能性がある、と報告している。

研究目的(著者による)

電力周波数磁界が発生中のマウス胚の眼のレンズにおいて、形態、あるいはタンパク質及び/または転写因子のレベルに変化を生じるかどうかを調べること。

詳細情報

妊娠したマウスの3群を、妊娠0日目から18日目まで強度が異なる磁界ばく露した。妊娠18日目に胚の眼のレンズを摘出した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 3 h/day for 18 days (from day 0 to 18 of gestation)

General information

mice were treated in three groups: i) exposure to 1.5 mT ii) exposure to 4.5 mT iii) sham exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 3 h/day for 18 days (from day 0 to 18 of gestation)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 pair of Helmholtz coils with 123 turns of 10 mm² copper wire and a radius of 0.25 m each; pregnant mice placed in 4.5 cm x 4.5 cm x 9 cm plastic cages in the center of a 50 cm x 80 cm wooden board between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.5 mT - 測定値 - -
磁束密度 4.5 mT - 測定値 - -
電界強度 27.1 V/m - 測定値 - -
電界強度 88.5 V/m - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

マウス胚の眼のレンズの成長に対する、強度が4.5mTまでの50Hz磁界ばく露の影響は検出されなかった。
眼のレンズの透明度に有意差は認められず、ばく露群からのレンズ上皮細胞対照群と比較して正常な超微細構造を示した。更に、タンパク質の量及び転写因子のmRNA発現レベルに有意差は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文