研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50Hz電磁界のばく露に対する細菌の応答] med./bio.

Bacterial response to the exposure of 50 Hz electromagnetic fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (4): 302-311

研究目的(著者による)

微生物が、ELF電磁界ばく露による環境ストレスに自身を適応させる際に、戦略を活性化させる能力を調べるため、培養した大腸菌Escherichia coliを50Hz(0.1、0.5、1.0mT)にばく露した。

詳細情報

培養サンプルを20分間(急性ばく露)または120分間(約6世代、慢性ばく露))ばく露し、インキュベータ内でスイッチをオフにしたソレノイドの外(バックグラウンド電磁界が100nT(50Hz))に24時間置いた。5回の独立した実験を実施し、それぞれの実験を3回繰り返した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 20 or 120 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 20 or 120 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 cells in glass flasks located on a non-magnetic support inside the coil in the maximum homogenity part of the magnetic field
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.1 mT minimum 測定値 - +/- 2 %
磁束密度 0.5 mT - 測定値 - +/- 2 %
磁束密度 1 mT maximum 測定値 - +/- 2 %

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

細胞数はばく露及び偽ばく露サンプルで同様に示したが、細胞の生存能力は、対照群と比較して、ソレノイドの外で24時間再インキュベートしたばく露サンプルで強まること観察された。
20-120分間のばく露は形態型の有意な変化を生じ、球菌細胞が存在する場合、ソレノイドの外での24時間の再インキュベート後、クラスタ状に集積した。非定型の延びた細菌型も見られた。

評価した度の電磁界強度でも、遺伝子型及び転写プロファイルには変化は見られなかった。

50Hz電磁界ばく露は、超低周波電磁界に関する急性及び慢性影響の研究に適したモデルの代表となり得る細菌に対するストレス要因として作用することを、データは示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文