研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[心拍変動に対する携帯電話放射の影響] med./bio.

Effect of mobile phone radiation on heart rate variability.

掲載誌: Comput Biol Med 2008; 38 (6): 709-712

この研究は、14人の男性を対象としたボランティア実験において、自律神経系の調節を受ける心拍変動(HRV)を測定することにより、携帯電話(MP)から放射される電磁界神経学的影響を検討した。HRVへの影響を定量化するために、HRV解析で得られるスケーリング指数およびサンプルエントロピーを評価のパラメータとした。その結果、MPが胸の近くに保持されている場合には、両方のパラメータの増加が示され、頭部の近くに保たれている場合には2つのパラメータの減少が示された;ただし、これらの変化は有意ではなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of electromagnetic field irradiation emitted from mobile phones in standby-mode on heart rate variability. The influence of different mobile phone positions close to the body was also analysed.

詳細情報

14 healthy males were studied. ECG was recorded for 30 minutes under three conditions with 30 minutes break in between: 1) subject without mobile phone, 2) mobile phone kept in shirt's left pocket (close to the heart) and 3) mobile phone held close to the left ear. During the recording, subjects were sitting and listening to nonexciting music.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The results indicated an increase in both heart rate variability parameters when the mobile phone was held close to the chest and a decrease in the vicinity of the head. The mobile phone caused changes in the heart rate variability indices and the change varied with its position, but the changes were not significant.

研究の種別:

研究助成

関連論文