研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[健常人における自律神経系の心臓血管およびホルモンのパラメータに対する無線周波電磁界の影響] med./bio.

Influence of a radiofrequency electromagnetic field on cardiovascular and hormonal parameters of the autonomic nervous system in healthy individuals.

掲載誌: Radiat Res 2002; 158 (3): 352-356

この研究は、同著者の前報に引き続き、携帯電話無線周波電磁界EMF)が交感神経系血管収縮活動を増加させるという仮説を調べた。若い男女(各20人;20-34歳)について、単ブラインド化したプラセボ制御による方法による実験を、各人1日1回の実験で2回実施した。実験は、仰臥位で30分間安静の後、開始した。ばく露(または擬似ばく露)中、仰臥位20分間、70度の傾斜板を使用した斜め起立10分間、再び仰臥位20分間と姿勢を変え、15分のインタバル(仰臥位)後に、擬似ばく露(またはばく露)に切り替えて、同様の姿勢変化を行った。1日目と2日目で、ばく露擬似ばく露セッションの順を逆にした。ばく露擬似ばく露)は、被験者の顔の右側の通常通話する位置に携帯電話(900MHz、217Hzパルス変調、最大出力2W)を固定して行い、ばく露擬似ばく露による携帯電話の温度変化を知られないようにするため、皮膚との間に断熱材を挟んだ。実験中、血圧心拍皮膚微小循環を連続測定した。また、10分ごとに静脈血を採取して、ノルエピネフリン、エピネフリン、コルチゾル、エンドセリン血清レベルを測定した。その結果、前回の研究と同様に、収縮期および拡張期血圧がそれぞれ、実験開始から終了までの間に、ゆっくりと連続的に有意に上昇し、上昇幅は5mmHgであった;その他のパラメータは全て平行して減少するか、一定のままであった;分散分析で、血圧および他のパラメータの変化はEMFばく露と無関係なことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of GSM exposure (900 MHz, pulsed with 217 Hz, 2 W, derived from a mobile phone) on cardiovascular and hormonal parameters in man.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 50 min
  • 電力: 2 W peak
  • SAR: 0.84 W/kg average over mass (1 g)
  • SAR: 0.5 W/kg average over mass (10 g)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 50 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.576 ms
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

GSM-like signal

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • in test mode
チャンバの詳細 The slight buzzing of the phone was covered up by an additional background sound of the same pulse frequency, generated in the laboratory.
ばく露装置の詳細 The mobile phone was mounted to the right side of the head in a typical use position. It was turned on during the whole investigation and was switched from the EMF to the sham mode by radio control. A 1.5-cm thick layer of foam material was positioned between the phone and the head to prevent any influence of the heat produced by the phone.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information All volunteers underwent a single-blind, placebo-controlled protocol once on each of two different days. Each investigation included two successive 50-min periods of EMF and sham exposure, given in a randomized order and separated by a 15-min interval. On the second measurement day, the order of exposure type for each subject was reversed.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
SAR 0.84 W/kg average over mass 測定値 1 g -
SAR 0.5 W/kg average over mass 測定値 10 g -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

None of the cardiovascular or hormonal parameters was statistically significant altered by GSM exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文