研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[確立された細胞株の増殖動態に対する864MHz電磁界の影響] med./bio.

Influence of 864 MHz electromagnetic field on growth kinetics of established cell line.

掲載誌: Biologia 2006; 61 (3): 321-325

この研究は、チャイニーズハムスター肺細胞株V79の増殖、コロニー形成能力および生存率に対する864MHz電磁界の影響を評価した。細胞は1日間継代培養した後、Philips社のPM 5508信号発生器を用いたTEMセル内に置き、ばく露時間は1、2、3時間で、平均SARは0.08 W / kgの864 MHz連続波ばく露を与えた。細胞増殖測定のために、規定の条件でV79細胞を栄養培地に播き、5 %CO2、加湿、37℃の環境で増殖させた。ばく露終了から1、2、3、4、5日後に細胞増殖を測定した。コロニー形成能力は、細胞を標準プロトコルにしたがって培養し、実験7日目のコロニー数によって決定した。トリパンブルー排除試験を用いて細胞の生存率を決定した。その結果、擬似ばく露群に比べ、2時間および3時間ばく露群での増殖曲線は、実験3日目にそれぞれ有意な低下(p <0.05)を示した;一方、コロニー形成能力および生存率には、ばく露群と擬似ばく露群の間に有意差はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the influence of 864 MHz electromagnetic fields on cell proliferation, colony forming ability and cell viability of the cell line V79 after exposure to 1, 2 and 3 hours.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 864 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 1, 2 or 3 hr

ばく露1

主たる特性
周波数 864 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1, 2 or 3 hr
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 7.3 V/m - - - -
電力密度 0.1 W/m² average over mass - - -
SAR 0.08 W/kg average over mass 計算値 cf. remarks one cell

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Growth curves of exposed cells showed a significant decrease after 2 and 3 hours of exposure on experimental day 3, respectively, in comparison to sham exposed cells. Both, the colony forming ability and cell viability of exposed cells did not significantly differ from sham exposure condition.
In conclusion, under strictly controlled laboratory conditions, applied radiofrequency irradiation significantly affected cell proliferation kinetics but not cell viability or ability of V79 cells to form colonies.

研究の種別:

研究助成

関連論文