研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ボランティアでの890MHz携帯電話様信号へのばく露とS100Bおよびトランスサイレチンの血清レベル] med./bio.

Exposure to an 890-MHz mobile phone-like signal and serum levels of S100B and transthyretin in volunteers.

掲載誌: Toxicol Lett 2009; 189 (1): 63-66

この研究は、携帯電話様信号へのばく露がヒトの血液脳関門および血液脳脊髄液関門の完全性を変化させるか否かを、ボランティア実験で調べた。実験には、末梢血マーカを用いた。41人の被験者に30分間のGSM890 MHz信号へのばく露を実施した。この時の頭部の側頭領域の平均SAR分布は、どの隣り合う1g組織で測定しても1.0 W / kgであることを確認した。ばく露の影響は、S100Bおよびトランスサイレチン血清中の濃度変化で評価した。この2つは、脳関門の完全性を推定するためのマーカである。採血は、ばく露の前および後に何回か行われた。その結果、ばく露の前と後で、S100Bの血清レベルには統計学的に有意な上昇は見られなかった;トランスサイレチンについては、ばく露終了直後の血液に比べ、ばく露終了から60分後の血液(最終の採血)において、統計学的に有意な上昇は見られた(p = 0.02);この知見の臨床的意義は、もしあるとしても、不明である、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether exposure to a mobile phone-like signal alters the integrity of the human blood-brain barrier and the blood-cerebrospinal fluid barrier using peripheral markers (transthyretin and S100B protein).

詳細情報

The protein transthyretin served as marker of alterations of the blood-cerebrospinal fluid barrier. Serum S100B protein was used as a putative marker of blood-brain barrier dysfunction.
The aim of the present study was to investigate previous cross-sectional study results (see Soderqvist et al. 2009a and Soderqvist et al. 2009b) further under more controlled conditions. 41 volunteers were exposed for 30 minutes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 890 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 1 W/kg average over mass (1 g)

ばく露1

主たる特性
周波数 890 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.577 ms
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • + wall mounted base station antenna
Distance between exposed object and exposure source 8.5 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg average over mass - 1 g -

Reference articles

  • Wilen J et al. (2006): [携帯電話に関連する疾病兆候を持つ患者の心理物理試験と感応]
  • Huber R et al. (2003): [ヒトでのラジオ周波電磁界ばく露:脳でのSAR分布の推定、睡眠と心拍への影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed no statistically significant increase in the serum levels of S100B protein, while for transthyretin a statistically significant increase was found in the final blood sample 60 minutes after the end of the exposure as compared to the prior sample taken immediately after exposure. The clinical significance of this finding, if any, is unknown. Further randomized studies with use of additional more brain specific markers are needed.

研究の種別:

研究助成

関連論文