[大きな骨折部を低周波電磁界を用いて修復する] med./bio.

Repairing large bone fractures with low frequency electromagnetic fields.

掲載誌: J Orthop Res 2010; 28 (2): 265-270

低周波電磁界EMF)による治療効果は、1cmを超える骨折部には満足な結果をもたらしていない。3次元のキトサン足場が、より大きな骨折部を充填するために設計され、それには骨形成の力があることが分かった。我々の仮説は、キトサン足場を用いることで、EMFによるより大きな骨折部の修復プロセスを、加速しうるというものであった。キトサン(96%脱アセチル)膜と凍結乾燥した足場が、骨芽細胞と共にあるいは無しで、EMF( 18-30 Gauss, 75Hz)に1日2時間、3週間ばく露された。週ごとに、骨芽細胞の成長と表現型発現、およびキトサンの特性が検査された。キトサンの親水性、ヤング率、生分解性は、EMFばく露によって変わることはなかった。EMFばく露を受けた骨芽細胞は、対照群に比べ、37 % 高い細胞増殖と、15 % 低いアルカリホスファターゼ活性、74 % 増のカルシウム沈着を示した。SEM 写真に拠れば、EMF処置を受けた細胞は、対照群に比べ、より多くの、コラーゲン原線維、基質小胞カルシウム細胞基質の中に作り出しているように見えた。結論として、EMF は、キトサン足場の上で培養される骨芽細胞増殖と石灰化を増進させることが出来た。

ばく露

関連論文