研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[イン・ビトロでの末梢血単核球に対する電磁界の影響] med./bio.

The effects of electromagnetic fields on peripheral blood mononuclear cells in vitro.

掲載誌: Bratisl Lek Listy 2009; 110 (9): 526-529

この研究は、末梢血から単離された単核細胞に電磁波のばく露を与え、細胞生存率アポトーシス率、増殖指数、および細胞表面抗原構造における変化を分析した。ばく露に用いた電磁波の周波数は450、900および1784MHz、ばく露時間は2、6、および24時間で実験した。その結果、電磁波ばく露は、細胞の生存率アポトーシス率、増殖指数に影響を与えないことが示された;電磁波ばく露は、末梢血単核細胞のHLADRおよびCD11bの発現に影響を与えなかったが、CD11aの発現を減少させ、CD49dの発現を増加させた;以上の知見は、電磁信号が末梢血単核細胞接着能力を変化させることにより、それらの機能的能力に影響を与える可能性があることを示唆している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the changes in the cell viability, rates of apoptosis, proliferation index and the cell surface antigenic structures resulting from 2 h-, 6 h- and 24 h-exposure of mononuclear cells isolated from the peripheral blood of five healthy donors to 450 MHz, 900 MHz and 1784 MHz electromagnetic fields.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
ばく露時間: continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr
ばく露2: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr
ばく露3: 1,784 MHz
ばく露時間: continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • biquad antenna
ばく露装置の詳細 antenna with an aperture angle of 60° and a gain of 9 - 11 dB placed inside an incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 30 V/m - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • biquad antenna
ばく露装置の詳細 antenna with an aperture angle of 60° and a gain of 9 - 11 dB placed inside an incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 48.3 V/m - 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 1,784 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 hr, 6 hr or 24 hr
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • biquad antenna
ばく露装置の詳細 antenna with an aperture angle of 60° and a gain of 9 - 11 dB placed inside an incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 53 V/m - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that the electromagnetic field exposures did not have any effect on the cell viability, rates of apoptosis and the proliferation index. While electromagnetic field exposures did not affect the major histocompatibility complex class II and CD11b expressions in the peripheral blood mononuclear cells, they decreased the CD11a expression and increased the CD49d expression.
In conclusion, these findings suggest that electromagnetic fields could affect the functional capacity of the peripheral blood mononuclear cells by changing their adhesion ability.

研究の種別:

研究助成

関連論文