研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[900 MHz無線周波放射へのばく露は増殖活動中のヒトリンパ球にカスパーゼ3活性化を誘導する] med./bio.

Exposure to 900 MHz radiofrequency radiation induces caspase 3 activation in proliferating human lymphocytes.

掲載誌: Radiat Res 2008; 170 (3): 327-334

この研究は、900MHz電磁界ばく露を受けた細胞アポトーシス誘導されるか否かを調べた。実験には、指数関数的増殖中のJurkat細胞および無活動中または増殖中のヒト末梢血リンパ球(PBLs)を用い、それぞれでのカスパーゼ3活性化を影響評価指標とした。ばく露には二重ワイヤーパッチセルばく露システムを使用し、SAR1.35 W/kgで1時間ばく露した。ばく露直後、3時間後、6時間後にカスパーゼ3活性レベルの分析した結果では、ばく露終了直後では僅かだが統計学的に有意なカスパーゼ3活性上昇が見られた;6時間後ではJurkat細胞で32.4%、増殖中のPBLで22%の上昇が見られた;一方、無活動中のPBLではばく露による変化が何も見られなかった、と報告している。また、Jurkat細胞のウェスタンブロット分析および両細胞のフローサイトメトリでのカスパーゼ3活性化による後発効果の分析(ばく露後24時間まで)、細胞周期の分析などを行ったが、いずれの影響も見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The induction of apoptosis after a 1h exposure to 900 MHz radiofrequency radiation (GSM signal) was investigated in proliferating human lymphocytes and lymphocytes in G0-Phase.

詳細情報

The mean specific absorption rate value used for the exposure was higher than the International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) reference for safety limits. All experiments were repeated at least three times. Cells treated with Fas ligand and cytarabine served as positive controls.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 1 h
  • SAR: 1.35 W/kg spatial average
  • SAR: 10.8 W/kg peak

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • wire patch cell
ばく露装置の詳細 wire patch cell located inside a CO2 incubator, shielded through metal grid boxes and absorbers
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.35 W/kg spatial average 測定値および計算値 - -
SAR 10.8 W/kg peak 測定値および計算値 - -

Reference articles

  • Scarfi MR et al. (2006): [ラジオ周波数照射(900 MHz, GMSシグナル)はヒト末梢血リンパ球での微少核形成頻度ならびに細胞増殖に影響しない:実験室間研究]
  • Merola P et al. (2006): [900 MHz変調ラジオ周波数電磁界にばく露された神経芽様細胞系の増殖とアポトーシス]
  • Laval L et al. (2000): [900 MHzの携帯電話周波数用の新しいIn vitro用ばく露装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A slight but statistically significant increase in caspase 3 activity, measured 6 h after exposure, was observed in Jurkat cells and in proliferating human peripheral blood lymphocytes, but not in human peripheral blood lymphocytes cells in G0-phase.
No changes after radiofrequency exposure have been observed in apoptosis, cell cycle progression and cell viability.

研究の種別:

研究助成

関連論文