研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[磁界へのばく露と精子の質の低下のリスク] epidem.

Exposure to magnetic fields and the risk of poor sperm quality.

掲載誌: Reprod Toxicol 2010; 29 (1): 86-92

我々は、健康精子提供者をもとに集団症例対照研究を実施し、磁界(MF)へのばく露と低品質精子との関係を調査した。すべての参加者は、日々のMFばく露を捕らえるために計測器を着用した。交絡因子を制御した後、低MFばく露をされた精子と比較すると、90%MFレベルが1.6mG以上の精子は、異常運動と異常形態の増大する危険が2倍であった(オッズ比=2.0、95%CI=1.0-3.9)。1.6mGを超えるMFばく露の期間が増大すると、さらに危険性が増大した(傾向性テストに対してP=0.03)。重要なことは、その関連性と線量反応関係は、測定日が以前の3ヶ月の典型的な日(精子形成の時期でありそうな)を反映したそれに制限された時、補強された。年齢調節されたスピアマン順位相関は、MFばく露とすべての精液指標との間に逆相関を示した。我々の研究は、磁界ばく露精子の品質に有害な影響を与える可能性のいくつかの証拠を最初に提供する。

研究の目的(著者による)

高い磁界レベルへのばく露精子の質を低下させるかどうかを調査するため、中国において人口ベース症例対照研究を実施した。

詳細情報

症例または対照の状態は、精子の質の低下についてのWHOのクライテリアに従い、被験者あたり2つの標本の精子の分析によって決定した。磁界ばく露は、精子形成周期を代表する3か月の典型的な日の24時間測定によって評価した。カットポイントの90パーセンタイルは、全ての24時間測定の10%がそれを超える値と定義した。90パーセンタイルは0.16µT(1.6mG)で、ばく露期間の2.4時間(24時間の10%)に相当する。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 90thパーセンタイルでの磁界レベル: < 0.16 µT
集団 2 90thパーセンタイルでの磁界レベル: ≥ 0.16 µT
参照集団 3 ≥ 0.16 µTの磁界ばく露の期間: < 1時間
集団 4 ≥ 0.16 µTの磁界ばく露の期間: 1 - 3時間
集団 5 ≥ 0.16 µTの磁界ばく露の期間: 3 - 6時間
集団 6 ≥ 0.16 µTの磁界ばく露の期間: > 6時間

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 127 95
参加者 76 72
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

≥ 0.16µTの磁界に比較的長期間(2.4時間/日)日常的にばく露される参加者では、ばく露がより少ない参加者と比較して、精子の質の低下の2倍のリスク上昇が認められた。この関連は、量‐反応関係(グループ3-6)、及び、測定日が直前の3か月間(精子形成期間)の典型的な日を反映している被験者に限定した場合に関連の強さが高まることによって、更に支持された。磁界ばく露と全ての精子パラメータとの逆相関が認められた。
著者は、磁界精子の質に悪影響を及ぼすかも知れないという証拠が幾つか認められた、と結論付けた。

関連論文