研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[UV照射されたマウス皮膚におけるp53非依存性アポトーシス:50Hz磁界による阻害の可能性] med./bio.

p53-independent apoptosis in UV-irradiated mouse skin: possible inhibition by 50 Hz magnetic fields.

掲載誌: Radiat Environ Biophys 2002; 41 (2): 155-158

この研究は、著者らの先行研究で、50 Hzの磁界MF)がマウス皮膚での紫外線UV誘発腫瘍形成促進するという知見が得られたのを受けて、皮膚腫瘍形成に対するMFの促進効果のメカニズムの候補としてアポトーシス抑制について調べた。そのほかに、UVとMFのばく露スケジュールの重要性、特にUV照射前のMFばく露の役割を調べた。雌マウスの3つのばく露群は、50 Hz MF(100 μT)、UV(2ヒトMED(Minimal Erythema Dose:最小紅斑線量:照射後24 時間以内にわずかな皮膚の赤みを引き起こすのに必要な線量))のばく露を以下の3通りのスケジュールで受けた。第1群は、MF擬似ばく露24時間、UV ばく露1時間、MF擬似ばく露24時間。第2群は、MF擬似ばく露24時間、UV ばく露1時間、MFばく露24時間。第3群は、MFばく露24時間、UV ばく露1時間、MFばく露24時間。UV照射にはシミュレート太陽放射(SSR)ランプを用いた。皮膚サンプルで、アポトーシス、p53遺伝子発現オルニチンデカルボキシラーゼODC)の活性、およびポリアミン濃度を分析した。その結果、第2群では、第1群に比べ、アポトーシス細胞の数が有意に少なかった;第3群でも同様にアポトーシス細胞の数が少なかったが、有意ではなかった;3つの群のいずれでもp53発現は検出されなかった;ODCおよびプトレシンのレベルには、UV単独ばく露群(第1群)とUVおよびMFのばく露を受けた2つの群の間で有意差はなかった;スペルミジンおよびスペルミンレベルは、第1群に比べ、第3群で有意に低かったが、第2群では低下が観察されなかった;総括すると、SSRがマウス皮膚にp53非依存性アポトーシス誘導すること、そのようなアポトーシス反応はMFばく露により阻害される可能性があること、UVとMFのばく露スケジュールはMFの影響を変えないことが示され、アポトーシスに対するMFの作用においてポリアミンが作因となるという仮説は支持されなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

皮膚におけるアポトーシス及び関連するパラメータに対する、50Hz磁界及び紫外線へのマウスのばく露の影響を調査すること。

詳細情報

マウスを4群(各n=8)に分けた:1) 偽ばく露24時間、紫外線UV)照射1時間、磁界ばく露MF)24時間;2) 磁界ばく露24時間、UV照射1時間、磁界ばく露24時間;3) 偽ばく露24時間、UV照射1時間、偽ばく露24時間;4) 非ばく露対照。

1時間のUV照射量は400J/m2

p53タンパク質発現についての試験では、既知のp53陽性皮膚腫瘍サンプルを陽性対照に用いた。一次抗体なしで処理したサンプルを陰性対照に用いた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 24 h (group 1) or 2 times for 24 h (group 2)

General information

ultraviolet radiation was done using lamps that simulated the solar spectrum; mouse dorsal hair was clipped 1 day before ultraviolet radiation

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 24 h (group 1) or 2 times for 24 h (group 2)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information during clipping, a magnetic flux density of 5 µT was measured immediately below the clipper; 50 Hz background magnetic field was less than 0.05 µT
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT - - - -

Reference articles

  • Kumlin T et al. (1998): [ODCトランスジェニックと非トランスジェニックマウスでのUV-誘発皮膚腫瘍形成に対する50 Hz磁界の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

対照群と比較して、全てのばく露群(グループ1-3)でアポトーシスが増加し、グループ3(偽ばく露UV+偽ばく露)で最も高かった。グループ1(偽ばく露UVMF)ではグループ3と比較して、アポトーシス有意な減少が示された。グループ2(MFUVMF)でもグループ3と比較してアポトーシスの減少が示されたが、有意ではなかった。

どのグループでもp53のタンパク質発現は検出されなかった。

ばく露群間でオルニチンデカルボキシラーゼ酵素活性に有意差は見られなかった。

ポリアミドのレベルでは、グループ3(偽ばく露UV+偽ばく露)と比較して、グループ2(MFUVMF)でスペルミジン及びスペルミン有意な低下が見られた。

著者らは、マウスの紫外線ばく露皮膚にp53非依存性のアポトーシスを生じるかも知れず、また、磁界ばく露はこの影響を減じ得る、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文