研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50Hz磁界がイン・ビトロのヒト絨毛栄養膜に誘発するホルモン分泌抑制は非コヒーレント磁界重ね合わせにより除去される] med./bio.

Superimposition of an Incoherent Magnetic Field Eliminated the Inhibition of Hormone Secretion Induced by a 50-Hz Magnetic Field in Human Villous Trophoblasts in vitro.

掲載誌: Cell Physiol Biochem 2010; 26 (4-5): 793-798

研究目的(著者による)

超低周波によって生じるかも知れない負の妊娠結果に関するメカニズムを調べるため、イン・ビトロで培養したヒト妊娠初期絨毛栄養膜におけるヒト絨毛性腺刺激ホルモン及びプロゲステロンの分泌に対する50Hz磁界ばく露の影響を調査した。加えて、インコヒーレントな磁界が50Hz磁界の影響に干渉し得るかどうかも調査した。

詳細情報

栄養膜胎盤の主な構成要素の一つで、正常な妊娠において極めて重要な役割を担っている。栄養膜ホルモンのヒト絨毛性腺刺激ホルモン及びプロゲステロンを分泌する。栄養膜の機能傷害は通常、自然流産につながる。

妊娠8-10週目に妊娠中絶を選択した健康な非喫煙者の女性から人工流産の直後に胎盤を取得した。

細胞を50Hz正弦波磁界に、インコヒーレントな磁界(「ノイズ磁界)または複合磁界(「ノイズ」と50Hz正弦波磁界の重ね合わせ)に、6、12、24、48または72時間ばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h
ばく露2: 30–90 Hz
ばく露時間: continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h
ばく露3: 30–90 Hz
ばく露時間: continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 three groups of 36 cm x 36 cm square copper coils placed in a metal iron container inside an incubator; upper and lower coils consisting of 168 turns, middle coil with 60 turns; coils connected in series and positioned 8 cm apart from each other; culture dishes placed in a 10 cm x 10 cm x 10 cm exposure area inside the coil system where the magnetic field was uniform
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.4 mT effective value 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 30–90 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 three groups of 36 cm x 36 cm square copper coils which were double wrapped in two lines of copper wire placed inside an incubator; only one coil used in this experiment
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.4 mT effective value 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 30–90 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 6 h, 12 h, 24 h, 48 h or 72 h
Additional information combination of 50 Hz sinusoidal and 30 Hz - 90 Hz incoherent signal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 three groups of 36 cm x 36 cm square copper coils which were double wrapped in two lines of copper wire placed inside an incubator; one coil used for the incoherent voltage input, the other for the sinusoidal power input
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.4 mT effective value 測定値 - -

Reference articles

  • Sun W et al. (2008): [インコヒーレントな磁界は50Hz磁界によって培養FL細胞に生じたEGF受容体のクラスタリング及びリン酸化を抑制した]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、0.4mTの50Hz磁界への絨毛栄養膜の72時間ばく露は、ヒト絨毛性腺刺激ホルモン及びプロゲステロンの分泌を有意に抑制し得る(48時間迄は有意な影響はなかった)が、インコヒーレントな磁界(30-90Hz)へのばく露は分泌に有意に影響を及ぼさないことを示した。但し、50Hz磁界にインコヒーレントな磁界を重ね合わせて、細胞を両者に同時にばく露した場合、ホルモン分泌に有意な変化は認められなかった。

著者らはこれらの結果に基づき、72時間の50Hz磁界ばく露栄養膜ホルモン分泌を抑制することができ、また、同じ強度のインコヒーレントな磁界は50Hz磁界によって生じた影響を完全に除去することができた、と結論付けた。詳細なメカニズムは更に調査する必要があるが、このデータは「時間的・空間的コヒーレンス仮説」(熱的ノイズ界は時間的・空間的にインコヒーレントであるが、外部電磁界はコヒーレントなので、生きている細胞は熱的ノイズ界と外部の電磁界を区別する、というもの)を支持している。この仮説は、超低周波電磁界ばく露によって生じるかも知れない悪影響を防止するための新たなアプローチを提示するかも知れない。

研究の種別:

研究助成

関連論文