[ヒト白血病細胞で電気・磁気ノイズは60 Hz磁界により定常c-myc転写レベルの上昇をブロックする] med./bio.

Electric and magnetic noise blocks the 60 Hz magnetic field enhancement of steady state c-myc transcript levels in human leukemia cells.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1995; 36 (1): 33-37

<目的>Coherent magnetic field曝露により、HL-60細胞誘導されるProto-oncogeneであるc-myc転写上昇がnoise EMN fieldによって抑制されるか否かを検討する。 <方法>HL-60細胞をCoherent 60Hz磁界(6.7μTrms)に20分間曝露し、incoherent30-90Hz磁界noiseを同時に存在させた時のHL-60細胞でのc-myc、mRNAの発現を調べた。曝露後HL-60細胞は10分間氷冷しRNAを抽出する。Dot bot hybridization法にてmRNAの発現を比較した。 <結果>HLK-60細胞を20分間60Hz磁界に曝露することでコントロールより、40%c-myc発現が上昇した。この磁界にnoise fieldを重ねることにより、c-myc発現がコントロールレベルまで抑制された。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文