研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (theoretical study)

[ヒトの認知タスクの成績に対する携帯電話電磁界の短期ばく露の影響は無し:メタ分析] med./bio.

No effects of short-term exposure to mobile phone electromagnetic fields on human cognitive performance: A meta-analysis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (2): 159-165

【背景】近年、ヒトの認知タスクの成績に対する携帯電話電磁界の影響に関して多数の研究が行われている。しかしながら、その研究結果は 曖昧で解釈しにくい。目的:現時点でのメタ分析により、ヒトに認知に対する携帯電話電磁界の影響を調べること。【方法】17編の研究を分析に含めた。これらの研究は、一重または二重のブラインド法による実験デザインであること、従属変数の平均標準偏差を記述していることなどいくつかの要件を満たしたものである。メタ分析では、ばく露有りの被験者群とばく露無しの被験者群のグループ間比較を行った。【結果】GSMおよびUMTS方式の携帯電話から放射される電磁界有意な影響は見出されなかった。認知の能力が損なわれることも改善されることもないようである。【結論】認知タスクの成績に対して携帯電話高周波電磁界が短期的にある程度大きな影響を与えることは本質的にないと言えることを今回のメタ分析の結果は示唆している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To clarify whether there is an impact of mobile phones on human cognition by conducting a meta-analysis based on a large pool of studies.

詳細情報

The meta-analysis was carried out as a group comparison between exposed and non-exposed subjects. Altogether, the current analysis is based on 749 subjects.
The following 17 studies were included: Besset et al. 2005, Curcio et al. 2004, Curcio et al. 2008, Edelstyn et al. 2002, Haarala et al. 2003, Haarala et al. 2004, Haarala et al. 2007, Keetley et al. 2006, Koivisto et al. 2000a, Koivisto et al. 2000b, Lee et al. 2003, Luria et al. 2009, Regel et al. 2007, Russo et al. 2006, Sauter et al. 2011, Terao et al. 2006, Unterlechner et al. 2008.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 800–1,900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 25-1305 min or 3 times 15 min or 28 times 120 min
GSM
-
ばく露2: 1.966–1.97 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 90 min
-

ばく露1

主たる特性
周波数 800–1,900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 25-1305 min or 3 times 15 min or 28 times 120 min
Additional information GSM
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 test person's head exposed
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数 1.966–1.97 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 90 min
Additional information UMTS
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 test person's head exposed
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:

研究の主なアウトカム(著者による)

The results of the meta-analysis suggest that a substantial short-term impact of radiofrequency electromagnetic fields emitted by mobile phones on cognitive performance can be ruled out.

研究の種別:

研究助成

関連論文