研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[がん発生率及び死亡率とTVタワーへの近接度] epidem.

Cancer incidence and mortality and proximity to TV towers.

掲載誌: Med J Aust 1996; 165 (11-12): 601-605

【目的】TVタワーからのRF電磁界ばく露された人口集団においてがん発生率死亡率の増加があるかどうかを明らかにすること。【研究デザイン】1956年からTVタワーが稼働しているシドニー北部における生態学的調査である。1972-1990年間のがん発生率死亡率について比較したのは9の行政エリアのうち、3つのTVタワーを囲む内部エリアと、6つのタワーから遠い外部エリアである。がん発生率死亡率、およびTVタワーの周波数、電力、送信期間は、それぞれ連法政府担当当局から入手した。各エリアの高周波放射電力密度計算値はタワー近くで8.0μW/cm2、半径4kmで0.2μW/cm2、12kmで0.02μW/cm2だった。【結果】外部エリアに比較した内部エリアにおける白血病脳腫瘍発生率死亡率の率比は、全ての年齢での白血病発生率で1.24(95%信頼区間 1.09-1.40)、小児発生率については1.58(1.07-2.34)、死亡率は2.32(1.35-4.01)であった。小児リンパ性白血病(最も一般的なタイプ)の発生率は1.55( 1.00-2.41)で、死亡率は2.74(95% CI 1.42-5.27)であった。脳腫瘍発生率死亡率の上昇はなかった。【結論】 増加を示した小児白血病発生率および死亡率とTVタワーに近接することとの間に我々は相関を見出した。備考:McKenzie DR 1998 (Aust NZ J Public Health 22 360-367)において、この調査データを見直した結果が報告された。

研究の目的(著者による)

TVタワーからの無線周波放射ばく露された人口集団において、がん発生率及び死亡率の増加があるかどうかを判断するため、オーストラリアで生態学的研究を実施した。

詳細情報

TVタワーのすぐ周囲の三つの自治体(内部地域)のがん発生率及びがん死亡率のデータを、隣接する六つの自治体(外部地域)のデータと比較した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (相対リスク(RR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 外部地域:TVタワーから≥ 4 kmの距離の自治体;電力密度:< 0.2 µW/cm²
集団 2 内部地域:TVタワーから< 4 kmの距離の自治体;電力密度:< 0.2 - 8.0 µW/cm²

調査対象集団

統計学的分析方法: ( 調整: )

結論(著者による)

脳のがん発生率及び死亡率は上昇しなかった。全ての年齢(RR 1.24、CI 1.09-1.40)及び子ども(RR 1.58、CI 1.07-2.34)について、白血病発生率の上昇が認められた。小児白血病死亡率は上昇した(RR 2.32、CI 1.35-4.01)。TVタワーへの住居の近接度と小児白血病発生率及び死亡率の上昇との関連が認められた。

研究の限界(著者による)

ばく露は個人についてではなく自治体について評価された。

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文