研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ハワイのラジオタワー付近での小児白血病発生率増加に関する調査:予備的観察] epidem.

Investigation of increased incidence in childhood leukemia near radio towers in Hawaii: preliminary observations.

掲載誌: J Environ Pathol Toxicol Oncol 1994; 13 (1): 33-37

この研究は、ハワイ州ワイアナエ海岸地域で、1979年から1990年までに診断された12人の小児急性白血病クラスターについて検討した。その結果、標準化罹患比(SIR)は2.09(95%信頼区間(CI)1.08 - 3.65)で有意に高い;1982年から1984年の間に発症した7件の症例は、性別、年齢、および白血病の種類の点で異常であった;症例対照研究(12症例、48対照)により、両親の職業、X線被ばく、家庭内喫煙、家族歴および病歴、および低周波ラジオ放送タワーから小児の住居までの距離などのリスク因子を探索した結果、診断前にラジオ放送タワーから2.6マイル以内に住んでいた小児群のオッズ比OR)は2.0(95%CI 0.06〜8.3)であった;このクラスタリングは偶然の出来事であったかもしれないが、独特の特性が見られた、と報告している。

研究の目的(著者による)

小児白血病の発症率と、可能性のあるリスク要因について、米国ハワイ州における症例対照研究で調査した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 住居から無線タワーまでの距離:< 4.2 km
集団 2 住居から無線タワーまでの距離:≥ 4.2 km

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 12 48

結論(著者による)

小児白血病の発症率は1979年から1990年までの期間に有意に上昇し(SIR 2.09、CI 1.08-3.65)、特に、観察された症例12人のうち7人が1982年から1984年の間に生じた。ラジオタワーまで4.6kmの範囲内に住む子どもに、統計的に有意ではないリスク上昇が認められた(OR 2.0、CI 0.06-8.3)。著者らは、このクラスターは偶然の事象かも知れないとしている。

研究の限界(著者による)

この知見は少ない数に基づいている。

研究助成

関連論文