研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[1, 763 MHz無線周波を照射された毛包細胞におけるインシュリン様成長因子-1による毛髪成長の誘導] med./bio.

Induction of Hair Growth by Insulin-Like Growth Factor-1 in 1,763 MHz Radiofrequency-Irradiated Hair Follicle Cells.

掲載誌: PLoS One 2011; 6 (12): e28474

本研究では、1, 763MHzのRFを培養ヒト毛乳頭細胞(hDPC)に照射し、毛髪成長に関連するサイトカイン発現の変化を評価して、RFのhDPCに対する作用を調べた。その結果、比吸収率10W/kgでのRF照射により、hDPCにおいてインスリン増殖因子1(IGF-1)mRNAの発現が有意に誘導され、さらにはB細胞慢性リンパ球白血病リンパ腫2(BCL-2)及びサイクリンD1(CCND1)タンパク質発現が亢進し、MARK1タンパク質リン酸化が亢進したことが示された。生体から取り出して培養された毛髪器官に、10W/kgのRF照射ばく露を1日1時間、7日間にわたり行うと、毛幹伸長が有意に促進された。RFにばく露した毛球の毛包基質中ケラチノサイトでは、Ki-67の発現が亢進し、一方、ターミナル・デオキシヌクレオチジル・トランスフェラーゼ-dUTPニック末端標識のシグナルは減少したことが示された。著者らは、これらの結果から、hDPCに対する1, 763MHzのRFばく露により、IGF-1が誘導されて、in vitroで毛髪成長が刺激されることが示唆されたと結論している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of 1763 MHz radiofrequency exposure on cultured human dermal papilla cells by evaluating changes in the expression of cytokines related to hair growth.

詳細情報

Additional cell lines were used for comparison.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,763 MHz
ばく露時間: continuous for 1 h or 3 h
in vitro
ばく露2: 1,763 MHz
ばく露時間: continuous for 1 h/day for 7 days
ex vivo

ばく露1

主たる特性
周波数 1,763 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h or 3 h
Additional information in vitro
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
ばく露装置の詳細 rectangular cavity-type chamber in TE102 mode; monopole antenna positioned at λ/8 position at the cavity's top plate; cells placed at λ/4 position in the chamber in 100 mm-dishes with a layer thickness of 4 mm; chamber equipped with a cooling device
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg - - - -
SAR 10 W/kg - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,763 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h/day for 7 days
Additional information ex vivo
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10 W/kg - - - -

Reference articles

  • Lee JS et al. (2006): [ラジオ周波数照射はヒトTリンパ球とラット初期アストロサイトにストレス反応を誘導しない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The expression of insulin-like growth factor-1 (IGF-1) mRNA in human dermal papilla cells was significantly induced upon radiofrequency exposure (at a SAR value of 10 W/kg), which resulted in increased expression of Bcl-2 and cyclin proteins and increased phosphorylation of the MAPK-1 protein. However, the expression of other growth factors (VEGF, HGF and TGF-beta1) was not changed.
Exposure to 10 W/kg radiofrequency irradiation 1 h per day for 7 days significantly enhanced hair shaft elongation in ex vivo hair organ cultures. In exposed follicular matrix keratinocytes in the hair bulb, the expression of Ki-67 antigen was increased, while the TUNEL-positive cells were decreased.
The authors suggest that 1763 MHz radiofrequency exposure stimulates hair growth in vitro through the induction of IGF-1 in human dermal papilla cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文