研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[聴覚有毛細胞に対する1763MHz無線周波ばく露の生物学的影響に関する特性記述] med./bio.

Characterization of biological effect of 1763 MHz radiofrequency exposure on auditory hair cells.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2008; 84 (11): 909-915

この研究は、不死化マウス聴覚有毛細胞HEI-OC1を用いて、1763 MHzのコード分割多重アクセス(CDMA)無線通信RF電磁界へのばく露に対する細胞の応答を調べた。細胞には、SARレベル20 W / kgで、24時間および48時間の1763 MHz RFばく露を与え、細胞周期、DNA損傷ストレス反応、遺伝子発現における変化を検査した。その結果、RFばく露細胞では、細胞周期の変化もDNA損傷も検出されなかった;熱ショックタンパク質HSP)の発現およびマイトジェン活性化タンパク質キナーゼMAPK)のリン酸化も変化しなかった;フルゲノム発現マウスマイクロアレイ検査では、29遺伝子(調べた全遺伝子の0.09%)のみがRFばく露群で1.5倍以上変化したことが示された;以上の知見から、20 W / kgのSARで1763 MHz RFのばく露を受けた聴覚有毛細胞HEI-OC1において、細胞周期分布、DNA損傷ストレス応答、および遺伝子発現を含む細胞応答の誘導の証拠は見つけられなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the biological effect of 1763 MHz radiofrequency exposure from mobile phone on changes in cell cycle, DNA damage, stress response, and gene expression in immortalized mouse auditory hair cells.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,763 MHz
ばく露時間: continuous for 24 h and 48 h

ばく露1

主たる特性
周波数 1,763 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 24 h and 48 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • CDMA exposure chamber + antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 20 W/kg - - unspecified -

Reference articles

  • Lee JS et al. (2006): [ラジオ周波数照射はヒトTリンパ球とラット初期アストロサイトにストレス反応を誘導しない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data show no evidence of the induction of cellular responses, including cell cycle distribution, DNA damage, stress response and gene expression, after 1763 MHz radiofrequency exposure at an SAR of 20 W/kg in immortalized mouse auditory hair cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文