研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50 Hz、1 mTの電磁界への実験的ばく露後のラットの脳内でのmiRNA発現プロファイルの変化は血液とは異なる] med./bio.

miRNA expression profile is altered differentially in the rat brain compared to blood after experimental exposure to 50 Hz and 1 mT electromagnetic field.

掲載誌: Prog Biophys Mol Biol 2018; 132: 35-42

この研究は、先行研究で脳およびヒトの疾患と関連付けられているmiRNA(miR-26b-5p、miR-9-5p、miR-29a-3p、miR-106b-5p、miR-107、miR-125a-3p)に対する、長期的な(60日間)のELF磁界(50 Hz、1 mT)ばく露の影響を評価した。若齢(3週齢)および成獣(10週齢)の雌雄のWistar-Albinoラット合計64匹を、偽ばく露群およびELF磁界ばく露群に割付けた。屠殺後、尾静脈からの血液サンプルおよび脳組織を摘出した。リアルタイムPCRおよびTaqManプローブ技法でniRNAの発現レベルを調べた。その結果、若齢の雌ラットの全てのmiRNAの発現レベルは、脳サンプルでは有意に減少したが、血中では同様の有意な減少を示したmiRNAは少なかった、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 4 hours/day on 60 consecutive days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 4 hours/day on 60 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 respectively 4 rats in a polycarbonate cage (26 x 17 x 13 cm3)
ばく露装置の詳細 Helmholtz coil apparatus was placed in a Faraday cage (70 x 65 x 65 cm3) to shield against electric fields components, electrical noise, and vibrations; diameter of coils was 42.75 cm and a gap of 21.375 cm; coils were made of electrically and thermally insulated copper wire (2.2 mm) and constisted of 160 turns; temperature was 22-24°C with no significant difference between experiments
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information geomagnetic field of 50 µT
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - 測定値 - ± 0.02 mT

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

関連論文