研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[マイクロ波への職業ばく露におけるリスク評価時の微小核アッセーとリンパ球分裂活性] med./bio.

Micronucleus assay and lymphocyte mitotic activity in risk assessment of occupational exposure to microwave radiation.

掲載誌: Chemosphere 1999; 39 (13): 2301-2312

末梢血リンパ球でのゲノム損傷細胞動力学に対する無線周波電磁界放射の影響を、マイクロ波に職業的にばく露された12名の被験者リン細胞によって求めた。対照と比べばく露では、微小核(MN)と同様に第1、第2、そして第3の有糸分裂の増加が見られた。微小核の分析が、遺伝毒性試験にとって最適な指標である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of micowave radiation on induction and frequency of micronuclei in peripheral blood lymphocytes of occupationally exposed subjects. The mitotic activity of lymphocytes was also studied.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.25–1.35 GHz
ばく露時間: 13.3 years

ばく露1

主たる特性
周波数 1.25–1.35 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 13.3 years
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radar equipment and antennas
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 µW/cm² minimum - - -
電力密度 20 µW/cm² maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Results showed an increase in frequency of micronuclei as well as disturbances in the distribution of cells over the first, second and third mitotic division in exposed subjects compared to controls.

研究の種別:

研究助成

関連論文