研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話使用者における細胞遺伝子損傷:予備データ] med./bio.

Cytogenetic damage in mobile phone users: preliminary data.

掲載誌: Int J Hum Genet 2005; 5 (4): 259-265

この研究は、携帯電話使用者において何らかの細胞遺伝学損傷が起きているか否かを調べるための予備調査として、携帯電話使用者(1日の使用時間が2.16 - 16 時間で、5年以上使用したと回答した人)である被験者から提供された末梢リンパ球(試料数n = 15)を用いて染色体異常を、また頬粘膜細胞(試料数n = 25)を用いて小核形成を調べた。一方、携帯電話使用経験がない被験者(n = 25)のそれぞれの生体試料を対照として用いた。その結果、携帯電話使用による遺伝毒性反応を示唆すると思われるような、頬粘膜細胞での小核形成頻度の増加、および培養リンパ球での細胞異常の増加が見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To detect any cytogenetic damage in mobile phone users by analysing lymphocytes cultures for chromosomal aberrations and the buccal mucosal cells for micronuclei.

詳細情報

Chromosome aberrations were studied in blood lymphocytes of 15 volunteers and micronuclei analysis in buccal cell smear preparations was performed with 25 volunteers. Samples of 25 normal healthy volunteers (who had never used mobile phones) served as controls.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
ばく露時間: 2.16 hr/day - 16 hr/day for up to 5 years
  • SAR: 0.1 W/kg minimum
  • SAR: 1.92 W/kg maximum

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
ばく露時間 2.16 hr/day - 16 hr/day for up to 5 years
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.1 W/kg minimum - - -
SAR 1.92 W/kg maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed increased number of micronucleated buccal mucosal cells and cytological abnormalities in cultured lymphocytes indicating the genotoxic response from mobile phone use.

研究の種別:

研究助成

関連論文