研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[3つのヒト細胞系における60 Hz、2 mT磁界へのばく露後の遺伝子発現の動態] med./bio.

Kinetics of gene expression following exposure to 60 Hz, 2 mT magnetic fields in three human cell lines.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1997; 43 (1): 1-6

この研究は、磁界ばく露後の遺伝子発現に関する研究報告を踏まえ、先行研究で陰性結果が得られたよりも高い磁束密度およびより長いばく露期間を用いて、発現の遅延を含む遺伝子発現の変化を調べた。2mT、60Hzの磁界への24時間ばく露の0、1、3、24および48時間後に、MFC7 WT、HeLa S3およびA172細胞からRNAが抽出された。c-myc、c-fos、β-アクチン、グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GaPDH)およびCsa-19について試験したが、試験した全ての条件下で、磁界有意な影響は見られなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

異なる細胞株での遺伝子発現に対する60Hz磁界の影響を イン・ビトロで調査すること。

詳細情報

ヒトの乳腺(MCF7 WT)、脳(A172)及び子宮頸部(HeLa S3)細胞におけるc-mycc-fos 、ß-アクチン、グリセロアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GAPDH)及びCsa-19遺伝子発現を調査した。細胞株のp53の状態の差を考慮した。
全ての細胞株で、c-myc 及び c-fos遺伝子発現に対する陽性対照はTPAであった。Csa-19遺伝子発現については7Gyのガンマ線照射を用いて陽性応答を誘導した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 24 h

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 24 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 25 cm² tissue culture flasks placed in the central planes of long solenoids. The cell monolayer was parallel to the field lines. The solenoids were enclosed in individual magnetic shield cylinders.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Control cells experienced zero magnetic field but were subjected to same level of disturbances such as acoustic noise and convective heating. 0.5 µg/ml TPA was administered for 30 min as positive control for expression of c-myc and c-fos in all cell lines. 7 Gy of X-rays was used to elicit a positive response in Csa-19.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT unspecified 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

これら3つの細胞株全てにおいて、c-mycc-fos 、ß-アクチン、グリセロアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GAPDH)及びCsa-19遺伝子発現における統計的に有意な磁界の影響はなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文