研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[915 MHz連続波電磁放射と変調(8,16, 50と200 Hz)電磁放射で誘発された血液脳関門の浸透性] med./bio.

Permeability of the blood-brain barrier induced by 915 MHz electromagnetic radiation, continuous wave and modulated at 8, 16, 50 and 200 Hz.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1993; 30: 293-301

この研究者グループは、プロトン磁気共鳴イメージング(MRI)のさまざまなEMF成分ばく露血液脳関門BBB)の透過性に与える影響を動物モデルを用いて研究している。この研究では、TEMセル内において、オスとメスのFischer 344ラットに、915MHzの連続波(CW)およびパルス変調波(8,16,50、および200秒-1の繰り返し率)を与えた。比吸収率SAR)は0.016- 5W / kgの範囲で変化させた。ばく露は無麻酔状態で実施し、ばく露時間は2時間であった。全ての動物は、ばく露終了の約1時間後に、抱水クロラール麻酔下で脳の灌流固定が実施された(生理食塩水での3〜4分間灌流後に4%ホルムアルデヒドにより5〜6分間で固定)。その後、脳の中枢冠状切片を脱水し、パラフィン包埋し、5ミクロンで切片化した。アルブミンおよびフィブリノーゲンは、免疫組織化学的に検査した。その結果、対照群では5匹/62匹、ばく露群では56匹/184匹が、アルブミンの漏出を示した;連続波ばく露の場合の陽性率は14匹/35匹であり、対照群に比べ有意であった(p = 0.002);パルス波ばく露の場合、42匹/149匹でアルブミン漏出が陽性であり、P=0.001レベルで有意であった;連続波パルス波の間に、有意差はなかった、報告している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the permeability of blood-brain barrier to endogenous albumin and fibrinogen during exposure to microwaves of 915 MHz as continuous wave and pulse-modulated at the various repetition rates (8, 16, 50, and 200 Hz).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 915 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: not specified
  • 電力: 3 W peak (0.2-3 W)
  • SAR: 0.33 W/kg (at 0.2 W)
ばく露2: 915 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: not specified
  • 電力: 20 W peak (1-20 W)
  • SAR: 3.3 W/kg (10 W/pulse at 50 Hz pulse frequency)
  • SAR: 0.4 W/kg (2 W/pulse at 200 Hz pulse frequency)

ばく露1

主たる特性
周波数 915 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 not specified
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The TEM cell was enclosed in a well ventilated wooden box supporting the outer conductor made of brass-net and the central plate, or septum, constructed of aluminium and held up by Teflon braces.
Additional information The rats were not anaesthetized during the exposure.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 3 W peak - - 0.2-3 W
SAR 0.33 W/kg - 計算値 - at 0.2 W

ばく露2

主たる特性
周波数 915 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 not specified
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

Pulses had a width of 0.57 ms at frequencies of 8, 16 or 200 Hz and of 4 ms at 50 Hz.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 20 W peak - - 1-20 W
SAR 3.3 W/kg - 計算値 - 10 W/pulse at 50 Hz pulse frequency
SAR 0.4 W/kg - 計算値 - 2 W/pulse at 200 Hz pulse frequency

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results reveal that both continuous and low pulsed microwaves are able to open up the blood-brain barrier for albumin passage. However, there is no significant difference between continuous wave and pulsed 915 MHz microwaves in this respect.

研究の種別:

研究助成

関連論文