研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSM900携帯電話放射への長期ばく露後のラット脳の組織病理学的検査] med./bio.

Histopathological examinations of rat brains after long-term exposure to GSM-900 mobile phone radiation.

掲載誌: Brain Res Bull 2008; 77 (5): 257-263

【目的】携帯電話放射電磁界への生涯ばく露を伴う実際の一生を模擬するため、ラットをモデルにして、携帯電話のGSM信号900 MHzGSM-900)への長期間の繰り返しばく露の影響を調べること。方法:ラットは、ばく露群32匹、擬似ばく露群16匹、ケージコントロール群8匹とした。ばく露は、週1回、2時間のばく露を55週行った。平均全身SAR値は、実験開始時点のチェックで平均0.6および60 mW/ kgの2通りとした。ばく露装置にはTEMセルを用いた。最終のばく露から5-7週間後に、行動テストを実施し、その後に脳組織を病理検査した。調べた項目は、アルブミン漏出、ダークニューロン、リポフスチン凝集など組織病理学的変化、および老齢のヒトに見られることの多い細胞骨格および神経炎的な神経変化の徴候である。結果:どの組織病理学パラメータについても、GSMばく露群で擬似ばく露群に比べて有意な変化は見られなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the histopathological effects of repeated exposures for a long period to GSM-900 irradiation on rat brains.

詳細情報

A total of 56 rats was divided into three groups: 1) exposure groups (n=32): 16 animals per exposure group, 2) sham exposure group (n=16) and 3) cage control group (n=8). Five to seven weeks after the last exposure (during this time interval the memory tests were performed), the animals, at an age of 18-20 months, were anaesthetized and killed.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: 2 hr/week for 55 weeks
  • SAR: 0.6 mW/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 60 mW/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 2 hr/week for 55 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 TEM cell connected to a GSM mobile phone; rats placed in 14 cm x 14 cm x 7 cm plastic trays in the TEM cell
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.6 mW/kg average over mass - whole body -
SAR 60 mW/kg average over mass - whole body -

Reference articles

  • Nittby H et al. (2008): [GSM900携帯電話放射に長期ばく露されたラットの認知障害]
  • Belyaev IY et al. (2006): [915 MHzGSMマイクロ波へのラット脳のばく露は、遺伝子発現変化を誘導するが、二重鎖EDNAブレークまたはクロマチン形成への効果はない].
  • Salford LG et al. (2003): [GSM携帯電話からのマイクロ波へのばく露後の哺乳類の脳における神経細胞の損傷]
  • Persson BRR et al. (1997): [無線通信に用いられる電磁界にばく露されたラットでの血液脳関門透過性]
  • Salford LG et al. (1994): [915 MHz連続波電磁放射と変調(8,16, 50と200 Hz)電磁放射で誘発された血液脳関門の浸透性]
  • Salford LG et al. (1993): [915 MHz連続波電磁放射と変調(8,16, 50と200 Hz)電磁放射で誘発された血液脳関門の浸透性]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant alteration of any of these histopathological parameters was found, when comparing the GSM exposed animals to the sham exposed controls.

研究の種別:

研究助成

関連論文