研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[無線周波電磁界はC3H10TおよびU87MG細胞の細胞周期進行を変化させない] med./bio.

Radiofrequency electromagnetic fields do not alter the cell cycle progression of C3H 10T and U87MG cells.

掲載誌: Radiat Res 2001; 156 (6): 786-795

この研究は、高周波電磁界RF EMFばく露細胞周期進行に影響するか否かを、マウス線維芽細胞C3H 10T(1/2)およびヒト神経膠腫細胞U87MGを用いて調べた。細胞周期への影響は、フローサイトメトリで、ブロモデオキシウリジンBrdU)を用いたパルスーチェイス法(短時間でラベリングしてラベルされた化合物の移動を追跡する)により評価した。RF EMFばく露には、周波数変調835.62 MHzの連続波、および中心周波数847.74 MHzの符号分割多元接続信号を用いた。平均SARは0.6 W/kgであった。細胞周期に関する5つのパラメータ(G1期S期、G2期の細胞、および細胞分裂の可能性などを含む)を、ばく露開始直後およびばく露終了後に測定した。ばく露時間は最大100分間とした。その結果、唯一観察された有意な変化は、C3H 10T(1/2)細胞がプラトー相に移行する時間が、ばく露時間が長い場合に遅くなることであった;それ以外は、全てのばく露時間、いずれの細胞株、いずれのモードのRF EMFにばく露においても、ばく露細胞の細胞周期パラメータに擬似ばく露細胞に比べて有意な変化は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine the effects of radiofrequency electromagnetic fields (RF EMFs) exposure on cell cycle progression in vitro by the method of flow cytometric bromodeoxyuridine pulse-chase.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 835.62 MHz
Modulation type: FM, CW
ばく露時間: continuous for up to 13 h or up to 100 h
  • SAR: 0.6 W/kg spatial average (± 0.3 W/kg)
ばく露2: 847.74 MHz
ばく露時間: continuous for up to 13 h or up to 100 h
  • SAR: 0.6 W/kg spatial average (± 0.3 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 835.62 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for up to 13 h or up to 100 h
Modulation
Modulation type FM, CW
Additional information

FMCW

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The radial transmission line (RTL) exposure system comprised nine RTL chambers (three each for sham, FMCW and CDMA) the temperature of which was maintained at 37.0 ± 0.3°C.
ばく露装置の詳細 The RTL was fully loaded with sixteen 75-cm² tissue culture flasks, each containing 40 ml of culture medium. For each flask removed for cell harvesting, a dummy flask was inserted.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Short-term exposures were performed for up to 13 h. Long-term exposures were performed for up to 100 h with flasks being removed at 24, 48, 72, and 96 h.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.6 W/kg spatial average 測定値 - ± 0.3 W/kg

ばく露2

主たる特性
周波数 847.74 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for up to 13 h or up to 100 h
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

CDMA

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.6 W/kg spatial average 測定値 - ± 0.3 W/kg

Reference articles

  • Goswami PC et al. (1999): [835.62、847.74 MHz携帯電話周波数照射によるC3H 10T1/2胚線維芽細胞での腫瘍形成遺伝子mRNAレベルと転写因子活性]
  • Moros EG et al. (1999): [大量の培養瓶へのマイクロ波照射用広帯域遮蔽ばく露装置としての放射状送電線]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No changes in the cell cycle parameters were observed. At frequencies and power tested, radiofrequency electromagnetic fields exposure has no effect on cell cycle progression in vitro.

研究の種別:

研究助成

関連論文