研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2 種の細胞株U937およびSWK-N-SHにおけるGSMシグナルへのばく露の影響についてのIn vitro研究] med./bio.

An in vitro study of the effects of exposure to a GSM signal in two human cell lines: monocytic U937 and neuroblastoma SK-N-SH.

掲載誌: Cell Biol Int 2006; 30 (10): 793-799

この研究は、2つのヒト細胞株神経細胞由来のSK-N-SHおよび単球細胞由来のU937)を用いて、GSM携帯電話信号を模擬した電磁界による細胞レベルでの生物学的影響を調べた。ばく露に用いたのは、217 Hzでパルス変調された900 MHz無線周波信号で、SARは0.2 W / kgであった。ばく露群の細胞擬似ばく露群の細胞でのさまざまなアッセイ法によるデータを比較し、推定される影響を評価した。細胞株SK-N-SHについては、遺伝子マイクロアレイによって特定した遺伝子のリアルタイムPCRを行い、またウエスタンブロット分析により熱ショックタンパク質レベルを測定し、フローサイトメトリーで細胞周期分布およびアポトーシスを測定した。細胞株U937については、細胞生存率および細胞周期分析を影響評価項目とした。その結果、これら2つの細胞株において、検査に用いたアッセイ法または条件のいずれにおいても、擬似ばく露細胞高周波ばく露細胞の間に有意差は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine possible biological effects of a GSM-like signal on cell viability and gene expression (e.g. heat shock protein) in two human cell lines in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 1 or 2 h
  • SAR: 0.2 W/kg

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 1 or 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The TEM cell was housed in a 37°C, 5% CO2 incubator.
ばく露装置の詳細 Cells were seeded into 25-cm² cell culture flasks in 17 ml of medium.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.2 W/kg - 測定値および計算値 - -

Reference articles

  • McIntosh RL et al. (2003): [変質されたTEM細胞における900 MHz GSM型シグナルにばく露された細胞培養フラスコ内のSAR計算]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant differences between sham exposed and radiofrequency exposed cells in cell viability, cell cycle distribution, or gene expression were found.

研究の種別:

研究助成

関連論文