研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[イン・ビトロでマイクロ波にばく露したヒトのリンパ球における小核頻度と特定染色体異常との相関] med./bio.

The correlation between the frequency of micronuclei and specific chromosome aberrations in human lymphocytes exposed to microwave radiation in vitro.

掲載誌: Mutation Research - Letters 1992; 281 (3): 181-186

この研究は、インビトロで、ヒト全血サンプルにマイクロ波ばく露連続波、周波数7.7GHz、電力密度0.5、10および30mW / cm 2、ばく露時間 10、30および60分間)を与え、ばく露終了後に、特異的染色体異常および小核出現頻度への影響を調べた。その結果、すべての実験条件において、対照群に比べ、ばく露群での全てのタイプの染色体異常発生率は有意に高かった;ばく露群において、二動原体および環状の染色体の存在が確認された;対照群よりばく露群の方が、小核出現頻度も高かった;構造的な染色体異常試験の結果と小核試験の結果を比較分析したところ、小核と特異的染色体異常無動原体断片二動原体染色体染色体)との間に正の相関が見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

1) To explain the origin of micronuclei with regard to specific chromosome aberrations (acentric fragments and dicentric chromosomes), and 2) to detect the genotoxic effect of microwave radiation by analysis of structural chromosome aberrations and the micronucleus test in human lymphocytes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 7.7 GHz
ばく露時間: 10, 30 and 60 min.

ばく露1

主たる特性
周波数 7.7 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 10, 30 and 60 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 samples placed below the horn antenna on a thin bakelite plate (1.2 m high).
Additional information for more details on exposure set-up pls see reference article.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W - 備考を参照のこと。 - max output of the generator
電力密度 5 W/m² - 備考を参照のこと。 - 10 mW/cm² and 30 mW/cm²

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results indicate that microwave radiation causes changes in the genome of somatic human cells. A positive correlation between micronuclei and specific chromosomal aberrations after exposure was observed. In the exposed sampels the presence of dicentric and ring chromosomes was established.

研究の種別:

研究助成

関連論文