[60 Hz磁界への短期間ばく露はHL60あるいはDaudi細胞のMYC発現を変えない] med./bio.

Short exposures to 60 Hz magnetic fields do not alter MYC expression in HL60 or Daudi cells.

掲載誌: Radiat Res 1995; 144 (1): 18-25

<目的>ELF磁界はDNAをこわす力はないという点ではほぼ意見の一致をみている。しかしがん遺伝子発現には関係するという主張がなされている。これらの研究はいくつかの欠点がみられるので本研究では以下の点に留意して研究を行った。(a)複数のサンプルを一回の曝露実験で検索した(b)無曝露のコントロール実験のための二重巻コイル(c)同一環境下における曝露群及びコントロール群(d)ブラインド試験、RNA分離、データ解釈(e)均一電流を供給するための輪状の培養器(f)コントロールと曝露細胞の同時培養(g)再現性のための標準化された細胞貯蔵及び操作。(h)各アッセイにおけるpositive controlなどである。 <対象及び方法>細胞:HL60及ぶDaudi細胞磁界曝露装置はFig1に示す。RNA isolation, Probe preparation,Ribonuclease protection analysis等の細部は省略。 <結果及び結論>Fig4,Table1にまとめてあるようにMYC,beta-actin mRNAのレベルはHL60,Daudi細胞ともコントロールと曝露群で差はみられなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文