研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの精子数、精子形態、睾丸および精巣上体組織に対する長期の低電力密度マイクロ波放射の影響] med./bio.

Effect of chronic low-intensity microwave radiation on sperm count, sperm morphology, and testicular and epididymal tissues of rats.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1999; 18 (2): 133-145

この研究は、ラット精子数、精子形態、および睾丸、精巣上体の形態に対するマイクロ波慢性ばく露の影響を調べた。9450MHzマイクロ波連続波ばく露(SAR1.80W/kg、電力密度2.65mW/cm2)を、1日1時間、13、26、39、52日間与えた。このばく露期間は、成獣雄SDラット精巣上皮の1、2、3、4サイクルに一致する。ばく露終了後、屠殺して精巣上体精子数、精子形態、睾丸・精巣上体精嚢前立腺の重量、精巣精巣上体組織検査のパラメータをばく露群と擬似ばく露群で比較した。その結果、精巣上体精子数は52日ばく露群でのみ、有意に減少した;異常精子割合は、26、39、52日ばく露群で、有意に変化した;精巣精巣上体の重量は、26、39、52日ばく露群で有意に変化した;ばく露群の睾丸において、精細管壊死間質浮腫、穿孔と壊死のある精細管精子形成低下、生殖上皮欠損が観察された,などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effect of chronic microwave exposure on sperm count, sperm morphology, and the morphology of rat testis and epididymes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 1 h/day for 13, 26, 39 or 52 days

ばく露1

主たる特性
周波数 9.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 repeated daily exposure, 1 h/day for 13, 26, 39 or 52 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Perspex cages (20 cm x 10.5 cm x 10 cm) placed in far field region from the horn inside the 70 cm x 47 cm x 47 cm anechoic chamber; long axis of animals parallel to the electric vector
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 100 V/m - 測定値 - -
SAR 1.8 W/kg mean 計算値 whole body -
電力密度 2.65 mW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Epididymal sperm count and morphology and weight and morphology of testis and epididymes were affected by chronic prolonged microwave exposure. The incidence of symptoms depended on exposure duration.

研究の種別:

研究助成

関連論文