研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[イン・ビトロでの低強度2450MHzマイクロ波ばく露によるマイトマイシンCの遺伝毒性効果増強に関する小核試験およびコメットアッセイを用いた研究] med./bio.

Study of low-intensity 2450-MHz microwave exposure enhancing the genotoxic effects of mitomycin C using micronucleus test and comet assay in vitro.

掲載誌: Biomed Environ Sci 2002; 15 (4): 283-290

この研究は、インビトロでの低強度の2450 MHzマイクロ波MW放射マイトマイシンC(MMC)のヒトリンパ球に対する相乗的遺伝毒性効果の有無を、単一細胞ゲル電気泳動(SCGE)アッセイ(コメットアッセイ)および細胞質分裂阻害小核(CBMN)アッセイを用いて調べた。男女各1人のドナーからの全血細胞試料をそれぞれ分割し、MW(5.0 mW / cm2)単独の2時間ばく露、4レベルの濃度のMMC(0.0125、0.025、0.05、0.1 µg/ mL)単独の24時間ばく露、MWの2時間ばく露後に各濃度のMMCの24時間ばく露MW+MMC)を実施した。その結果、MW単独群のコメット長は、対照群と有意差はなかった;MMC(各濃度)単独群のコメット長は、対照群に比べ、有意に長かった;MW+MMC(各濃度)の4群のコメット長は、対照群に比べ、有意に長かった;MW+MMC(≧0.025 µg/ mL)の各群のコメット長は、それぞれ対応する濃度のMMC単独群より有意に長かった;MW単独群の小核MN)頻度は、対照群と有意差はなかった;MMC(≧0.05 µg/ mL)単独群のMN頻度は、対照群に比べ、有意に高かった;MW+MMC(≧0.05 µg/ mL)のMN頻度は、対照群に比べ、有意に高かった;MW+MMC(各濃度)の各群のMN頻度は、それぞれ対応する濃度のMMC単独群と有意差がなかった;コメットアッセイにおいては、低強度の2450 MHzマイクロ波放射は、DNAおよび染色体の損傷誘発することはできないが、MMC誘発のDNA損傷効果を増強することが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

In this study possible synergistic gentoxic interactions of 2450 MHz microwaves and mitomycin C on human lymphocytes were investigated.

詳細情報

The irradiation precedes mutagenic treatment with mitomycin C.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Magnetron
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 W/m² unspecified 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results of this study showed that low-intesity microwave exposure alone could neither induce DNA single-strand break nor increase the number of micronucleated cells on human lymphocytes in vitro. Furthermore the experimental results indicated that exposure increases the DNA damage effect induced by mitomycin C, in comet assay in vitro, when exposure preceded mitomycin C exposure. These synergistic effects could only be observed in comet assay, not in micronucleus test.

研究の種別:

研究助成

関連論文