研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Abad M et al. 2016 横断的研究 女性, 18–35年 not stated Iran abortion 携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, W-LAN/WiFi, ラジオ/TV送信機, TV 放送 (VHF/UHF), FM 放送(UKW)
Arns M et al. 2007 予備的研究 男性, 女性 示されず 米国(ニューヨーク及びロードアイランドの研究所)、オランダ(ナイメーヘン)、英国(ロンドン)、オーストラリア(アデレード及びシドニー) 脳機能、神経心理学的パフォーマンス、性格 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Kücer N 2008 サーベイ 男性, 女性 示されず トルコ(コジャエリ) 眼の症状:視覚のぼやけ、赤目、視力障害、分泌、炎症、流涙 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Khan MM 2008 サーベイ 男性, 女性 示されず サウジアラビア王国(キング・サウード大学医学部解剖学科、リヤド) 慢性頭痛、集中困難、記憶障害、けん怠感、聴力の問題、皮膚病、耳の周囲の温感, 不眠, 自身で割当てた健康状態、携帯電話使用と症状との関連 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Augner C et al. 2009 サーベイ 男性, 女性, 18–67年 示されず オーストリア 過敏症, 電磁界関連の懸念;アルファ‐アミラーゼ、コルチゾル、免疫グロブリンA、P物質の生物学的パラメータ 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の
Saravi FD 2011 横断的研究 男性 示されず アルゼンチン 左右の臀部の骨の無機質化 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Bortkiewicz A et al. 2012 横断的研究 男性, 女性, ≥ 18年 示されず ポーランド(ウッチ) 頭痛、記憶障害、皮膚の変化、抑うつ、けん怠感、神経過敏、循環器系症状、空間識失調、精神的不快感、視覚障害、聴覚障害、食欲減退、吐き気, 睡眠障害, 健康状態 移動体通信システム, 携帯電話基地局, 住宅環境の
Ros-Llor I et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, 20–39年 示されず スペイン 口腔粘膜細胞のDNA損傷及び細胞質分裂の血管(小核及び二核細胞)、増殖、細胞死 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Mortazavi SM et al. 2013 - 女性, 子宮内の胎児, newborns 示されず イラン(シラーズ) 出生時体重 携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話, PC/TVモニタ, 個人用, 非EMF