研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[デジタル携帯電話使用者の染色体損傷の可能性を評価するための予備研究] med./bio.

A Preliminary Study to Assess Possible Chromosomal Damage Among Users of Digital Mobile Phones.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2003; 22 (2-3): 149-159

この研究は、リンパ球染色体損傷の可能性を調べる予備研究として、24人の携帯電話ユーザ(12人は非喫煙かつ非アルコール摂取者、12人は喫煙かつアルコール中毒者)で、2つの細胞遺伝学的エンドポイント、すなわち染色体異常(CA)と姉妹染色分体交換頻度(SCE)を検査した。全ての被験者は、少なくとも2年間デジタル携帯電話(GMSK変調アップリンク周波数935〜960 MHzダウンリンク周波数890〜915 MHz)を使用していた。比較のため、対照群24人が選ばれた。彼らは携帯電話の非ユーザで、かつ各被験者に対応して年齢、性別、飲酒および喫煙の習慣、ならびに健康状態、労働習慣、職業キャリアをマッチさせて選ばれた。またこの中から、12人の携帯電話ユーザ(6人の非喫煙かつ非アルコールおよび6人の喫煙-アルコール中毒)および12人の対照を選抜し、その血液サンプルを既知の変異原性マイトマイシンC(MMC)で処理して、共変異原性/相乗効果の有無を調べた。各個人の完全な血液像は、自動パーティクルセルカウンターで分析された。その結果、非喫煙者-非アルコール摂取者の携帯電話ユーザ群と比較して、喫煙者-アルコール中毒者の携帯電話ユーザ群では、二動原体染色体有意な増加が見られた(P <0.05);両方のタイプの対照群の間にも同じことが当てはまった;MMC処置後の検査では、喫煙者-アルコール中毒者および非喫煙者-非アルコール摂取者の携帯電話ユーザ群で、対照群に比べ、二動原体(P <0.05)および環状染色体(P <0.001)が有意に増加した;SCEは携帯電話ユーザ群において有意に増加を示したが、細胞周期進行に変化は見られなかった;血液像は、携帯電話ユーザ群と対称群の間に僅かな違いのみ見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess chromosome aberrations and sister chromatid exchange frequencies among users who used digital mobile phones frequently for a maximum period of 4-5 hours a day, continuously for 2 years (non-smoker-nonalcoholic subjects and smoker-alcoholics). In addition blood samples were treated with the known mutagen mitomycin C to find out comutagenic/synergistic effect.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 890–960 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: average 1 to 3 or 3 to 5 hours per day for at least 2 years
-

General information

48 individuals were selected for blood sample work-up. Half of the subjects selected used mobile phones over at least 2 years which employed GMSK modulations at uplink frequencies of 935 to 960 MHz and downlinks at 890 to 915 MHz and the other half served as control.

ばく露1

主たる特性
周波数 890–960 MHz
ばく露時間 average 1 to 3 or 3 to 5 hours per day for at least 2 years
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.577 ms
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

FDMA consisting of 124 channels, each channel has 200 kHz. Within 200 kHz, TDMA frame duration of 4.615 msec and burst period of 0.577 ms.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There was a significant increase in dicentric chromosomes among mobile phone users who were smoker-alcoholic as compared to their controls; similarly, a significant increase in dicentric chromosomes was revealed in smoker-alcoholic mobile phone users in comparison to nonsmoker and nonalcoholic mobile phone users. After mitomycin C treatment of blood samples, there was a significant increase in dicentric chromosomes and ring chromosomes in both smoker-alcoholic and nonsmoker-nonalcoholic groups.

研究の種別:

研究助成

関連論文